さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

濃厚なのにスッキリ!熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店のラーメンを食べてきた

Local Recruit Magazine 三田の仕事 三田市で活躍する、成長する。

2018年11月21日(水)、八景中学校前交差点近くの三田市横山町に「熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店」がオープンしましたよ!

名古屋が発祥で、濃厚ながらスッキリとした豚骨スープが自慢のラーメン店。関西ではこの三田店が初出店になるそうです。早速、実際にラーメンを食べに行ってきましたので、詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク

名古屋の豚骨が関西初上陸!熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店の外観と周辺の様子

熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店は、国道176線の八景中学校前交差点から県道17号線に入ったすぐそばにあります。以前は同じくラーメン店の「大金星」や「ラーメン工房 あ」があった場所ですね。地図はこちら。

道路を挟んで向かい側には、ホルモン鍋の「赤から」や24時間フィットネスジムの「SynerGym(シナジム)」、美容室の「siffon」や「プラスエス」などがあるエリアです。

ちなみに駐車場は、お店の前に11台分が確保されています。ただ、混み合う時間帯はすぐにいっぱいになってしまうので、複数人の場合はできれば乗り合わせで行かれたほうがいいでしょう。

カウンターもテーブルも充実の席数。熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店の中の様子

早速、お店の中に入ってみましょう。入り口のすぐ前にあるのは、提灯で明るく照らされたカウンター席。奥のカウンター席と合わせると。全部で12席分があります。

カウンターのほかにも4人用のテーブルが9席あります。以前のお店よりも、ホールの空間が広く取られている印象ですね。

クリーミーで濃厚なのにしつこくなくてスッキリとした豚骨スープ!白・黒・赤の3種類から選べる

メニューは、メインとなる豚骨ラーメンが白・黒・赤の3種類。それぞれトッピング違いで、ベーシックとデラックス(DX)のバリエーションがありますよ。

それ以外にも、煮干しをブレンドしたラーメンや、辛味噌をブレンドしたラーメンなどもあります。ご飯物のセットも充実してますね!

あと、ラーメンのお供といえば、から揚げに餃子でしょ!後ほどご紹介しますが、いずれも一度は試していただきたいサイドメニューです。

まず最初にご紹介するのが、「白豚骨ラーメン DX」(880円)です。デラックス(DX)は海苔やチャーシュー、煮玉子などのトッピングが豪華になるバージョンです!

スープは見とれてしまうほどに美しい乳白色で、味わいもクリーミーで濃厚。それでいて全然しつこくなくって、むしろスッキリとした後味すら感じるほどです。

豚骨といえば独特の臭みを連想してしまいますが、一番軒の豚骨スープは驚くほどに臭みがありませんよ。

麺は低加水の「博多麺」もしくは、多加水の「中華麺」の二種類から選べて、麺の硬さもお好みで。今回は博多麺の硬さ普通をチョイスしてみました。

細めの麺がスープによく絡んで、ズルズルっと口に運んだ後のマイルドな味わいと喉ごしがもう、たまりませんっ!

こちらは「黒豚骨ラーメン ベーシック」(700円)。白豚骨のスープをベースにマー油(焦がしにんにく油)が加わって、さらにコクと香ばしさが際立った一杯に仕上がっています。あーこれも好きな味だなぁ。

「赤豚骨ラーメン ベーシック」(780円)は、同じく白豚骨のスープをベースに特製ジャンを加え、旨味に辛味がプラスされています。今回は中辛を選んでみたのですが、しっかり辛くて汗をかいてしまうほどでした(笑)

こちらはサイドメニューの「名物 甘辛から揚げ」(3個 330円)。甘辛い味付けでジューシーなから揚げが、3個でこのボリューム感ですよ!2〜3人でシェアしても十分に満足できる量です。

「名物 熟成焼餃子」(6個 330円)は、厚めの皮でもっちりとした食感。肉と野菜の旨味を引き出した熟成餡(あん)がベストマッチです。食べれば食べるほどに食欲がそそられる……。

さいごに

熟成豚骨スープの「白豚骨ラーメン」をベースに、コクや香ばしさが際立つ「黒豚骨ラーメン」や、ピリッとした辛さをプラスした「赤豚骨ラーメン」など、いろんなバリエーションが味わえる「熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店」。

豚骨スープの臭みがちょっと苦手なわたしでも、まったく臭みが気にならないほどに洗練されたスープで、ついつい飲み干しちゃうほどでした(笑)

クリーミーで濃厚なのに、しつこくなくてスッキリとした味わいのラーメンをぜひ一度、試してみてください。

熟成豚骨ラーメン一番軒 三田店の基本情報

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top