緊急事態宣言延長による三田市主要施設への影響

【寿ノ湯】おめでとう1周年!三田市最大規模の天然温泉全施設を徹底解剖します!

スポンサーリンク

セキスイハウス 三田ウッディタウンけやき台3丁目 KEYAKI CANVAS モデルハウス公開中2

三田市内最大規模の天然温泉「寿ノ湯」は、2021年2月20日(土)で1周年を迎えました!

オープン時から話題となって今では三田市を代表する施設のひとつですが、今回の記事ではまだ寿ノ湯に行ったことがない!という方のために、館内にはどのような施設があるのかを徹底解剖してご紹介します。

大浴場や露天風呂はもちろん、種類豊富なサウナに岩盤浴、さらには約1万冊の蔵書を誇るライブラリーにフィットネスジム、レストランなどなど。たっぷり丸一日くつろいで、心もカラダもリフレッシュできる最高の環境が整っていますよ♪

スポンサーリンク

目次

寿ノ湯の様子を動画でチェックしたい方はこちら!

さんだびよりでは、2020年に寿ノ湯がオープンした時にも取材を行い、その時の様子を動画でご紹介しています!もしよろしければ下の画像リンクからチェックしてみてくださいね。

寿ノ湯の外観や施設周辺の様子

寿ノ湯は、フラワータウンの三田市富士が丘にあります。神戸電鉄のフラワータウン駅からは徒歩で約13分、中国自動車道の神戸三田インターからは車で約7分ほどのアクセスしやすい立地です。

なお、通常時は送迎バスも運行していますが、現在は新型コロナウイルスの影響で運休中です。(2021年2月20日現在。最新の運行情報は 寿ノ湯公式HPをご確認ください)

駐車場は第1〜第4まであって、全部で約140台分の駐車スペースが確保されています。あと駐車料金は無料なので、安心して利用することができますね。

施設に一番近い第1駐車場を過ぎると、カーブのところに第4駐車場、さらに坂を下っていくと右手に第3駐車場、そして左手奥に第2駐車場があります。

ちなみにこのあたりは春になるとメチャクチャ綺麗な桜並木が広がるので、お花見スポットとしてもオススメですよ♪

第2駐車場からは、施設までの昇り降りをサポートしてくれる小型のスロープカー(通称:モーモー号)があります!もちろん乗車は無料。お子さん連れのご家族なんかはこのモーモー号に乗りたくて、わざわざ第2駐車場まで降りてきて車を停めるんですって。

モーモー号の中は3人掛けのイスが設置されていて、意外と快適な空間です。

ゆっくりスロープを昇り降りする時は、お子さんであればテンション上がるでしょうね!いい歳した私ですら、アトラクションに乗ってる気分でちょっとワクワクしちゃいました(笑)

正面から見ると、ちょっぴり舌を出して可愛らしい顔をしているモーモー号。寿ノ湯の隠れた人気スポットですよ!

モーモー号を降りると、すぐ目の前に寿ノ湯の入り口があります。お花が壁一面に飾られていてなんともゴージャス!写真映えスポットなので、記念撮影もぜひここでどうぞ。

寿ノ湯のフロアマップと利用料金

まず最初に、寿ノ湯のフロアマップを見ておきましょう。施設は2階建てで、1階には大浴場にフィットネススタジオやレストラン、2階には岩盤浴やライブラリーなどがあるといった感じですね。

館内に入って靴を靴箱に預けてから、こちらのエントランスで受付をしましょう。ちなみに寿ノ湯の各施設の利用料金は、以下のようになっています。

温泉の利用料金

  • 平日 大人(中学生以上):750円(レック会員650円)
  • 平日 こども(小学生まで):400円(レック会員300円)
  • 土日祝 大人(中学生以上):850円(レック会員750円)
  • 土日祝 こども(小学生まで):400円(レック会員300円)

※2021年3月末日までのキャンペーン価格

岩盤浴+ライブラリーの利用料金

  • 平日 大人(中学生以上):750円(レック会員650円)
  • 平日 こども(小学生まで):400円(レック会員300円)
  • 土日祝 大人(中学生以上):850円(レック会員750円)
  • 土日祝 こども(小学生まで):400円(レック会員300円)

※2021年3月末日までのキャンペーン価格
※小学生以下の方は岩盤浴はご利用いただけない為、ライブラリーのみご利用可能です。

タオルレンタル利用料金

  • タオルセット(バス+フェイス):280円
  • バスタオル:200円
  • フェイスタオル:100円
  • ロゴ入りフェイスタオル(購入):200円

【大浴場 ①】和の雰囲気が漂う「」(KAN)

寿ノ湯のメイン施設となる大浴場は、シックな和の雰囲気を感じる空間の「」(KAN)と、アジアンリゾート風で開放的な空間の「」(KI)の2種類があります。

これらは週替わりで男湯と女湯とで分けられるので、毎週行っても違う雰囲気の大浴場が楽しめますね。

ちなみに上の写真は「歓」(KAN)の内湯。深さの違うお湯に座ったり寝たり好きな姿勢で入ることができるほか、低周波の電気がピリピリと流れて、身体のコリや痛みを和らげる効果が期待できる「電気風呂」もあります。

外の露天風呂は木造屋根や岩場の雰囲気が演出されていて、あたかも山奥にある温泉地に来たかのような雰囲気ですね。

強塩苦味泉」という、いかにも身体に効きそうな名前の温泉は、湯冷めしにくい保温効果があるそうです。さらには塩の殺菌作用でやけど切傷、慢性皮膚病への効果が期待できるので、別名「傷の湯」とも呼ばれていますよ。

ほかにも、ひとりで入るのにちょうどいい大きさの「石風呂」があります。ここで思いっきり足を大の字に広げてお湯につかると、めちゃくちゃリラックスできますよ!

あと温泉といえばやっぱりサウナですよね!寿ノ湯では「高温サウナ」と「塩サウナ」の2種類が楽しめます。こちらは高温サウナのお部屋。室内はもちろんメチャクチャ暑いんですけど、窓から外の景色が楽しめるので開放的な雰囲気ですね。

こちらは塩サウナのお部屋。中央に用意されている塩を体全体に塗ると、抜群の発汗作用でデトックス効果が倍増です!

【大浴場 ②】アジアンリゾート風の「」(KI)

こちらはもうひとつの大浴場の「喜」(KI)です。先ほどの「歓」(KAN)が黒ならば、こちらは白を基調としています。明るくてモダンな印象ですね。

凝り固まった身体を強めの水圧で揉みほぐす「ジャグジー」は、血行促進の効果もあります。私もジャグジーが大好きで、いつまでも入っていたくなります。

もちろん「喜」(KI)にも、高温サウナと塩サウナがありますよ。

こちらは塩サウナのお部屋。「歓」(KAN)の塩サウナのお部屋よりちょっと広いかな?

そしてこちらが高温サウナのお部屋。ちょっと屋根が低かったですが、このお部屋にも窓がついていてサウナでありながらとても明るくて過ごしやすい室内です。

「喜」(KI)の露天風呂にやって来ました。こちらは「歓」(KAN)と打って変わって、アジアのリゾート地に来たかのような開放的な雰囲気が楽しめます。あと時間帯によっては太陽光が水面と湯気に反射して、メチャメチャ幻想的な雰囲気になりますよ!

こちらはおひとりさまサイズの「壺湯」。広々としたお風呂も良いですが、小ぢんまりとしたサイズ感のお風呂も落ち着けるから好きです。

高濃度炭酸泉」は、人工的に炭酸ガスを溶け込ませたお風呂。血行促進のほか血流障害の緩和、さらには冷え性や肩こりなどにも効果が期待できる良いこと尽くめの温泉です。

10分〜15分の長めの時間で週3回以上つかるのがオススメなんですって。これは毎週、通い詰めないと!(笑)

日本の四季をモチーフとした4種類の岩盤浴

大浴場を出て2階に上がると、春夏秋冬の四季をモチーフにした4種類の岩盤浴があります。それぞれ雰囲気や室温も異なるので、好きなように部屋を移動しながらお気に入りの岩盤浴を見つけるのも楽しいですよ。

まずこちらは「春」をモチーフにした「岩塩岩盤浴」。春ということで室温は「中温」に設定されています。

天然ミネラルを含むヒマラヤナチュラル岩塩と、「琥珀」や「翡翠」をはじめとした5種類の薬宝石が床一面に敷き詰められています。石からはマイナスイオンと遠赤外線が大量に放出されるので、身体の芯からポッカポカに温まって最高にリラックスできますよ。

こちらは「夏」をモチーフにした「薬草岩盤浴」。夏なので室温はもちろん「高温」です!

13種類の薬草が入った袋が室内のいたるところに吊るされていて、爽やかなハーブの香りがお部屋いっぱいに広がっています。薬草効果を呼吸と共に体内に取り入れることで免疫力アップや新陳代謝を促し、冷え性の改善やリフレッシュ&リラックス効果が期待できるそうですよ。

ちなみに私は、香りの良いこのお部屋が一番好きです(笑)

そしてこちらが「秋」をモチーフにした「鍺石(ゲルマ)岩盤浴」。室温は「低温」に設定されています。

マイナスイオンの発生量が多いブラックゲルマニウムが床面に使用されていて、新陳代謝の活性化や肩こり、腰痛、血行促進、体内老廃物除去の効果があるそうです。あとプロジェクターで壁面に映し出されるヨガやストレッチの動画を見ながら、一緒に楽しむこともできますよ。

そして最後が「冬」をモチーフにした「冷気室」。室温はもちろん「冷温」です。

3つの岩盤浴で温まった身体を素早くクールダウンさせたらまた岩盤浴に移動して、温と冷を交互に繰り返す。そうすることで交感神経が刺激されて血流が良くなり、いわゆる「整う」という陶酔感が得られるわけですね!

ちなみに「岩塩岩盤浴」(春)には、後ほどご紹介するライブラリから本を持って来て読むこともできます!(漫画のみ) 。横になるだけじゃなくて漫画を読んだりホットヨガやストレッチをしたりと、岩盤浴だけで何時間でも過ごせちゃいそう♪

岩盤浴のあとはリラックススペースでくつろぐ

岩盤浴を思いっきり堪能した後は、同じ2階のすぐ隣にある「リラックススペース」でくつろいじゃいましょう。ゆったり座れるリクライニングチェアに座って本を読んだり、備え付けのモニターで映像を楽しむこともできますよ。

そしてこちらが「蜂の巣こもり場」。六角形の小部屋が並んでいる様子がなんともユニークですね!

中に入ってみるとわかるのですが、なんともいえない独特の占有感というか、落ち着く感じが体験できます。でも人ってなんでこういう狭い空間を見たら入ってみたくなるんでしょうね(笑)

畳張りの大広間に「人をダメにするクッション」で有名なYogibo(ヨギボー)のビーズクッションが贅沢に並んでいます。ここまでの設備が揃っていたらもう、自分の部屋のようにリラックスしてしまいそうでヤバいなぁ。

窓から一歩外に出ると、高台を吹き抜ける風が気持ちいい「ルーフトップガーデン」が広がっています。お天気の良い日は外でひなたぼっこをしたりお昼寝をしたり、そして夜には星空を眺めたり……もう天国ですね、ここは。

約1万冊が並ぶライブラリーで贅沢な読書体験を

続いて、寿ノ湯が誇るもうひとつの代表的な施設がこちらの「ライブラリー」です!

ライブラリーの手前側にある「読書ゾーン」には本棚と、中央には特大のテーブルと椅子が並んでいます。

電源やフリーWi-Fiが使えるので、リモートワークやパソコン作業に勉強なんかも快適にできそうですね。

さらに奥に進むと、「おこもりブース」が並んでいます。

2段ベッドのような形をした個室スペースがズラッと並んでいます。子供の頃に狭い押入れにこもって、秘密基地みたいにして遊んだ事を思い出すなぁ(笑)

個室の中はこんな感じ。大人がようやく入れるぐらいの極小スペースです。この狭さがまた「秘密基地欲」をそそるんですよね!お気に入りの本を持ち込んで、自分だけのプライベート空間に思いっきり浸れますよ。

さらに奥に進むと……ジャッジャ〜ン!!こちらがメインのライブラリーです。

壁面をぐるっと囲うように配置された本棚に収められた、約1万冊を誇る蔵書はまさに圧巻!ちなみにこれらの本は、東京・六本木の入場料のある本屋として有名な「文喫」に依頼してセレクトされているそうですよ。

ホント、どこを切り取ってもお洒落すぎる空間だわ。ここが三田市内にある施設という事を忘れてしまうぐらいです(笑)

んんん、本棚の奥をよく見ると……ここにもおこもりスペースが!こんなところで本が読めちゃったら、どんどん賢くなっちゃいそうですよね(笑)

「頑張らないジム」がコンセプトのフィットネスジム

2階を一通り巡ったので、また1階に戻ってきました。1階のフロアには大浴場の他にも、様々な施設が入っているんです。そのひとつがこちらのフィットネススタジオ「SLoMo+」(スロモプラス) 。

「ランニングマシン」や「ストレッチマシン」の本格的なマシンをはじめ、「サンドバッグ」や「ダンベル」に「バランスボール」などのトレーニング機器が揃うスタジオ。

「頑張らないジム」というコンセプトが示す通りに、どちらかというとがっつり鍛え上げるというよりは、運動の習慣化をサポートする目的で運営されているジムです。

ちなみに、フィットネススタジオの利用料金は以下の通りです。

温泉入り放題付きの月会員

  • 入会手数料:5,500円(2021年6月末まで入会手数料無料キャンペーン実施中!)
  • フリープラン(ジム+入浴)(平日の10:00〜22:30):10,780円
  • フリープラン(ジム+入浴)(平日および土日祝の10:00〜22:30):13,200円
  • デイプラン(ジム+入浴)(平日の10:00〜17:00):9,790円
  • ナイトプラン(ジム+入浴)(平日の17:00~22:30):9,790円

1回ごとのご利用料金

  • 1回ご利用料金:500円(入会金不要)

例えば、平日に18回温泉を利用すると【18回×750円=13,500円】なので、全日利用できるフリープランとほぼ同じ金額になります。ということは、ほぼ毎日のように利用したいと考えている方は、ジムの月会員プランに入会しておくとメチャクチャお得ですね!

フリースペースにキッズスペース、各種サロンも併設

1階フロアにはほかにも、入浴後にくつろいだり一緒に来た人との待ち合わせにも使えるフリースペースや、

お子さんがよろこぶキッズスペースに、

ヘアサロンやリラクゼーションサロンなども併設されています。温泉に入った後にマッサージを受けるなんてもう、最高の癒しですよね!

レストランは温泉に入らなくても利用できるよ

1階エントランスのすぐ隣にある「FUNK’S KITCHEN」(ファンクスキッチン)は、定番の洋食や和食から軽食まで楽しめるレストランで、温泉に入らなくても利用可能ですよ。

ちなみに、ファンクスキッチンの一押しメニューはこちらの「シェフ手作り まかないカレーセット」(1,080円)。ビーフとチキンの旨みを感じる、ちょっぴりスパイシーなカレーです!サラダとスープも付いていて、とってもボリューミーですね。

さらにレストランの隣には、カフェバーもあります。

バリスタ研修を修了したスタッフが一杯一杯丁寧に淹れるコーヒーに、フレッシュな野菜と果物をふんだんに使ったスムージー、さらには超濃厚でミルク感たっぷりの「ソフトクリーム」は、個人的にもめちゃオススメです!

物販コーナーでは地元の魅力的なおみやげ品が揃う

お帰りの際には、物販コーナーもぜひ覗いて行ってみてください。

この日は「しい茸ランドかさや」さんで採れた名物の生椎茸とイチゴ、さらには「絆フーズ」さんの「まるごと食べて芋」といった、地元でも人気なおみやげ品が販売されていました♪

さいごに

ざざっと駆け足で、三田天然温泉「寿ノ湯」の全施設をご紹介してみましたが、寿ノ湯がいかに充実している温泉施設であるかをお分かりいただけたのではないでしょうか?

温泉やサウナに岩盤浴はもちろん、ライブラリーやフィットネスジムにレストランまで併設されていて、丸一日滞在しても遊び尽くせないぐらいの充実度で本当にオススメです!

1周年を迎えた寿ノ湯にぜひ、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

三田天然温泉 寿ノ湯の基本情報

店舗情報
  • 住所: 兵庫県三田市富士が丘5丁目2
  • 営業時間:
    温泉&サウナ:10:00~23:00(最終受付 22:00)
    岩盤浴&ライブラリー:10:00〜22:00(最終受付 21:30)
    レストラン:11:30~22:00(L.O.21:00) ドリンク11:00~22:00(L.O.22:00)
    フィットネスジム:10:00~22:00(最終受付 21:30)
    リラクゼーション:10:00~23:00(最終受付 22:00)
  • 定休日:水曜日
  • 電話番号:079-564-4126
  • 公式ホームページ: https://kotobuki-yu.com/
  • SNS: Instagram Facebook

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次
閉じる