さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

町家カフェ「寿々嘉」(JIJICA)で心と身体の癒しを体験してきた

ジャングルチキン

神戸電鉄・道場南口駅すぐのところから、2017年3月に移転した「カフェ 寿々嘉」(JIJICA)さんをご紹介します。カフェとしてはもちろん、一風変わった体験ができるお店として以前から気になっていたので行ってきましたよ!

スポンサーリンク

隠れ家的存在という言葉がピッタリな和風カフェ

「カフェ 寿々嘉」さんがあるのは、三田町にある老舗和菓子店「きねや」さんのすぐお隣です。地図はコチラ。

武庫川を挟んだ反対側には、以前ご紹介した正統風水アイテム専門店「陽和堂」さんがありますよ。

一見、ごく普通の一軒家なので分かりにくいかもしれませんが、塀の上にあるこの丸い看板が目印です。

駐車場はお店の玄関のちょうど真向かいに、2台分用意されています。駐車場に限りがあるので、空き状況を前もってお店に確認しておくと安心ですね。

お店の玄関も純和風。何となく親戚のおウチにお邪魔するような感覚になりますね。では、さっそく入ってみましょう!

玄関を一歩入ると、華やかな生け花や金魚鉢、和の小物などがしつらえられた落ち着いた雰囲気。「お邪魔しま~す」と心の中でつぶやきながらスリッパに履き替えます。

玄関の右奥に見えるのは、リンパケアマッサージなどが受けられるリラクゼーションスペース。その右側にカフェスペースがあります。

引き戸を開けた奥には、和風の応接室といった印象のカフェスペースが広がっています。手前は4人が掛けられるソファー席。

ソファー席の奥には、4人掛けのテーブル席と座卓が3席。座卓は2人~4人は掛けられそうですね。ところどころに配された仏画や調度品に、心が和みます。

身体の中からケアする癒しメニューのあるカフェ

先ほどのソファー席のすぐそばに「よもぎ蒸し」の案内があります。アラフォーを目前にした私にとっては気になる内容ばかり(笑)

「よもぎ蒸し」は、よもぎを煎じて下半身を蒸らす韓国発祥の民間療法。座面に穴の開いた椅子に座り、下からよもぎを蒸してマントをかぶるとマントの中に蒸気が満ちて、スチーム効果とよもぎの薬用成分で血行を促進するというものです。

40~45分座っているとじんわり汗をかいてきて、余計な老廃物が汗と一緒に排出できるそうですよ!あと他には、リンパケアマッサージやアロマケアマッサージが受けられるそうです。

オーナーの高山ゆかりさんによると「身体の中から余計なものを出していくことで、心も身体もスッキリするんです。移転前にはできなかったことなので、身体の中と外からケアができるのが、寿々嘉の特徴です。」ということでした。

安心安全な国産の食材をたっぷり使ったランチ

続いては、身体の外から取り入れるカフェメニューをご紹介します。取材した6月は「黒毛和牛のミルフィーユ」(1,380円)と「寿々嘉の森ランチ」(1,380円)がオススメでした。その他にも、ハンバーグやコロッケなどのメニューも充実していましたよ!

私は「好評にて延長致します」という言葉に惹かれたので、「寿々嘉の森ランチ」をいただくことにしました。まずはオニオンスープから。玉ねぎの甘味がバケットにしみこんでペロッと食べられちゃいます。

続いて出てきたのは前菜3種。梅入りの揚げ餃子と薄皮ピザ、茄子の煮びたしなど、丁寧に作られたものばかり。ちなみにお料理の担当は、ゆかりさんのご両親だそうですよ!

そしてメインの、米粉を使った唐揚げと手作りハンバーグ。野菜がたっぷりで見た目にも鮮やか!ひとつひとつを噛みしめながらゆっくり味わいたい一品ばかりでした。

ちなみにメインのランチメニューは毎月替わりだそうです。7月以降は内容が変わってくるということなのであしからず。

カフェでは珍しい、写経や写仏ができるのが特徴!

身体の外からのケアと、良質なものを食べて身体に取り入れる以外に、精神的な部分を癒すメニューがあるのも、寿々嘉の特徴。そのひとつに「写経」があります。

まず、塗香(ずこう)というお香を粉末状にしたものを手に取り、身体を清めてから墨をすって、あらかじめ書かれた経文の上に半紙を重ねます。

あとは経文をじっくり丁寧に書き写すだけ。筆を持つ機会が少なくなった中、一文字一文字、丁寧に経文を書き写すことは、かなりの集中力を必要とします。集中すると自律神経が整えられるんだとか!

一枚を書き上げるのに個人差はありますが、大体1時間程度でできるそうです。正座がキツイという方のために、正座椅子も用意されているのでご安心を。

「写経って、書道経験者じゃないと難しいんじゃないの?」と思われる方には「写仏」がオススメです。「家内安全」や「福徳円満」など、願いに合わせた仏様の絵を選ぶことができます。

筆ペンを使えば、細かいところも安心して描くことができます。最後まで描けた絵はそのまま持ち帰って飾ったり、寿々嘉さんにお願いしてお寺に納めることもできるそうですよ。

「写仏」と「写経」どちらもハーブティー付きで800円。ランチが落ち着いた時間帯であれば、食事の後にカフェスペースで体験することも可能だそうです。平日の夜は予約がオススメ。

「写経」は毎週月曜日と木曜日の9:30~と15:30~の2部制で、各回定員5名で定期開催されています。予約優先性とのことなので、煩悩を振り払って集中したい方はぜひ!

色鉛筆で気軽に楽しめる大人の塗り絵も好評!

そして細かい筆遣いに自信がなかった私は、セラピー用の大人の塗り絵を使用した「カラーアートセラピー」に挑戦してみました!

先ほど紹介した「写経」や「写仏」、「カラーアートセラピー」には、改善したい症状に合わせたハーブティーが付いてきます。

週末に外出することの多い私は、美肌効果のある「ハイビスカスブレンド」をチョイス。鮮やかな赤色と、ちょっと酸味のある味がクセになります。

ランチタイムのお客さんが落ち着いたので、ソファー席へ移動してきました。コチラのテーブル、お店のロゴを手彫りされてるんですよ!

「カラーアートセラピー」は、塗り絵に使用した色でその人自身の心理状況や悩みを探っていくという心理療法。意外かもしれませんが、使う色で自分の内面があらわになっちゃうみたいです(笑)

どんな診断になるかドキドキしつつ、思い思いに塗り始めます。結構細かく分けられているので、塗り分けるのに頭を使います。

なんとなく頭の中でイメージは沸くんですが、いざ色を塗ろうとすると結構難しかったりして……。店内には私一人、静かに流れるヒーリングミュージックに途中ウトウトしながらも、完成を目指します(笑)

1時間半かけてできたのがコチラ。若干「失敗したー!」という箇所もありますが、何とか完成まで持ってこれました。そしてこれを見た、オーナー兼セラピストでもあるゆかりさんが一言。

ゆかりさん

おかもとさんはこの絵を選ぶと思ってましたよ。

おかもと

なんでわかるのーーー!!!(心の声)

ゆかりさん

まず、おかもとさんは神々に愛される性格の持ち主です。おかもとさんの存在で、周りの人がほんわかした気持ちになったり、人が集まってきたりしませんか?

おかもと

確かに、ひと気のなかったお店に入った瞬間、お客さんが入ってくるという経験は多数……。

ゆかりさん

今のライターというお仕事は向いていらっしゃいますね。

おかもと

よっしゃーーー!(心の声)

ゆかりさん

その反面、傷つきやすい繊細な部分もお持ちですね。何か今、対人関係でお悩みですか?

おかもと

正直ちょっと精神的に疲れてます……。何かそういうのって現れてるんですか?

ゆかりさん

(具体的に)この色とこの色の組み合わせに、そういうところが出ています。

おかもと

マジかーーー!?(心の声)

ゆかりさん

コミュニケーションを図りたいと思うようなときは、青を身に着けるのをオススメします。胸元にターコイズのネックレスを取り入れるとか。今日の服装はまさにピッタリですよ。

おかもと

確かに、取材のときは青系でまとめることが多いかも……(心の声)

ゆかりさん

あと、ちょっと傷つきやすいなーと思うときは、ピンクやコーラルオレンジを身に着けるといいですよ!

おかもと

ピンクもたまに取り入れたりします!!

ゆかりさん

いろんな色を使いながらも、自分自身でバランスをとることができる色を使っているので、大丈夫ですよ。

特に深く考えることもなく、好きな色を塗っていたように見えて、私自身の内面が現れていたと思うと正直びっくり!一つのことに没頭する時間を持つということも、結構大切な体験かもしれませんね。

さいごに

オーナーのゆかりさん曰く「寿事、喜び事がたくさん訪れますようにという思いを込めてつけた寿々嘉。身体の内と外を癒すことで初めて、その人自身が元気になれるんです。この場所がそんな存在であり続けるよう、これからも頑張っていきたいですね。」

美味しいものを食べられるお店はたくさんありますが、自分と向き合う時間を作れて、内面を見直すことができる空間ってなかなかないですよね。

「寿々嘉」さんは、大勢で楽しむというよりは、一人の時間を大切にしたいと思う人にピッタリなカフェという印象で、梅雨時の雨の日にゆっくり訪ねたいお店でした。

「寿々嘉」(JIJICA)の基本情報

  • 住所:三田市三田町17-19
  • TEL:079-558-8868
  • 営業時間:施術・カウンセリング等/9:00~20:00、カフェ/11:00~22:00
  • 定休日:毎週火曜日、第2・第4日曜日(予約の場合火曜日の施術も可)

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top