さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

インターネットラジオ「さんだ☆へたれいでぃお」に出演しちゃいました!

sandahetare-01

ジャングルチキン

三田から全世界へ発信しているインターネットラジオ番組、「さんだ☆へたれいでぃお」にゲストとして出演させていただきました。始まる前まではかなり緊張しましたが、いざ始まるとワイワイガヤガヤと楽しい収録でしたよ!

スポンサーリンク

さんだ☆へたれいでぃお収録前の様子

sandahetare-02

よろしくお願いしまぁーす!

2015年12月7日(月)の21時。いよいよ来ちゃいましたよ、この時が。人生初のラジオ出演。不安と緊張のせいで、しょっぱなの挨拶から声が上ずってしまうわたし。

収録スタジオである「自遊空間Ami」にお邪魔すると、すでにレギュラーパーソナリティーのお三人が、慣れた感じでテキパキと収録の準備を進めていました。

sandahetare-03

向かって左側が、メインパーソナリティーのまさとさん。三田市東本庄にあるコーヒーハウス「クロスロード」の若き経営者。そして右側が、助っ人パーソナリティのアユムさん。以前までメインパーソナリティーを務めていらしたススムさんの弟さんです。

sandahetare-04

そして、もうひとりのメインパーソナリティー兼、音響担当のトモキンさん。三田市と神戸市北区の藤原台にある「平瀬楽器」や、ここ「自遊空間Ami」のオーナーさんでもあります。

sandahetare-05

カンパァーーイ!!

えええっ、収録前にいきなり飲んじゃうんですかっ!そしてよく見たら、アユムさんだけお茶やし(笑)!

なるほど。このゆる~い飲み会感覚が、あの楽しいトークを生み出すんですね。わたしもこのあと缶ビールを2本ほど頂いて、すっかりいい気分になっちゃった事はナイショにしておきます。

さんだ☆へたれいでぃお収録中の様子

sandahetare-07

そんなこんなで、オープニングトークから収録がスタート。この収録の内容は「さんだ☆へたれいでぃお」のホームページにある、第160回「死んだら骨を埋めるトコ」から、ぜひ聴いてみてください!

sandahetare-09

シロウト目には、なんのこっちゃわからないツマミが並ぶミキサー。トークをしながら音のバランスを調整する技は、やっぱり「音のプロ」ですね。

そうそう、本放送を聴いてみてもらうとわかると思いますが、音質がすごくクリアでキレイなんですよね。さすがはトモキンさんが音響を担当されているだけのことはあります。

sandahetare-10

ってか、そうこうしているうちに、もうすぐわたしの出番じゃないか……。ヤバい、やっぱり緊張してきた。

一緒にゲスト出演してくれたのは……

sandahetare-11

でも、安心してください。そもそもトークが得意じゃないわたしが、ひとりでラジオに出たりなんかしたらとんでもないことになるのは、もちろん想定済みですよ。

ということで、奥でカメラを構えている「彼」に今回、一緒にゲスト出演をお願いしちゃいました。カンの良い方ならもう、おわかりですよね。

そうです、これまでも何度か当ブログで絡ませてもらっている、「Sanda no Koto」の古家さんです!

そして「Sanda no Koto」でも、今回の様子を記事にされていますよ。ぜひ併せて御覧ください。

sandahetare-14

わたしがひとりで出るよりも、三田でWEBメディアをやってる人間ふたりで出演したほうが、番組の内容的にも断然、面白くなったハズ。

特に、古家さんの三田へのアツい想いと、意外と腹○いところなんかは、一聴の価値アリですよ!

収録中に逆インタビューしてみた

sandahetare-17

そして本番中に、わたしの方からメインパーソナリティーのお三人さんへ、逆インタービューを敢行してみました!

このインタビュー内容は本放送でも聴いてもらえるので、ここではその一部だけをご紹介しちゃいますね。

わたし

皆さんが思う、三田の好きなところとキライなところは何ですか?

トモキン

まさとが好きな場所は「有馬富士公園」です!

まさと

僕、有馬富士公園まで布団を干しに行ったことがあるんですよ。

アユム

どこに干すん?

まさと

福島大池の柵!

アユム

アホやろ、お前っ(笑)!

まさと

360°のパノラマで日光を当てたかったんですよ。

トモキン

アホですわ。

まさと

でも、布団を持ち入ろうとしたら係員の人に「キャンプは禁止です!」って言われて、「キャンプじゃないです。布団を干しに来たんですっ!」って言ったら、通してくれましたよ。

トモキン

わたしは、春は気候がいいのと、古い祭りがいっぱい残っているのと、ニュータウンと昔からの地域とが融合しているところが好きですね。田んぼとビル、みたいな。

まさと

うんうん、僕も同じですね。こんだけ田舎らしい景色の中に住みながら、40分ちょいで梅田まで行けちゃうというのがいいですよね。

アユム

夜が寒いところですかねぇ、僕がキライなのは。

まさと

アユムくんはね、伊丹の都会から来た移民組なんですよ。

アユム

あといいところは、有馬富士に1回登ったことがあるんですが、比較的簡単に登れるのに景色がメッチャ良かったですね。

トモキン

わたしがキライなところはねぇ……「アカん大人」が多すぎる。

アユム

ええっ、だ、誰??

トモキン

○?×@□#△*^%0>』#ー@やんっ!

まさと

じゃあ僕も、%3<@○?×@□#△*^』ー#がイヤやわぁ!

わたし

ブログにどうやって書いたらいいんですかっ(笑)!

さいごに

sandahetare-18

と、ここでは言えない内容なども飛び出したりして……楽しい収録になりました。

今回、ラジオ出演の機会を設けてくださいましたトモキンさん。つたないトークのわたしから話を引き出してくださったまさとさん、アユムさん。そして一緒にゲスト出演してくれた古家さん、皆さん本当にありがとうございました!

ラジオとブログ。プラットフォームは違えど、それぞれ三田に愛を持っている人間同士が、メディアの垣根を超えて話し合えたこと、想いを発信し合えたこと、そして短い時間でしたが、同じ時間を共有できたことが、理屈抜きで楽しかったです。

この放送を聴いてくださった方々が、三田にもっと興味を持って、三田をもっと好きになってくれるような、そんなキッカケのひとつになれば、とてもうれしく思います。

また呼んでいただける機会があれば、ぜひ遊びに行かせてくださいね!

この放送の内容は、以下のリンクから聴いていただくことができます。ちなみにわたしは23分過ぎから、そして古家さんは43分過ぎから登場していますよ!

「Sanda no Koto」で記事にされている今回の様子は、こちらからどうぞ!

sandahetare-19

あと、自遊空間Amiには以前、女性アカペラグループ「V&V」のライブにもお邪魔しました!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top