さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWEBメディア

三田天満神社の夏祭「獅子舞の奉納」に行ってきた

三田天満神社の夏祭で舞い踊る獅子舞

平瀬楽器

2014年の7月26日に行われた、三田天満神社の夏祭「獅子舞の奉納」に行ってきました。笛で奏でられる祭りばやしに合わせて、勇壮に舞い踊る獅子舞たち。その印象的な姿が、初夏の訪れを感じさせてくれましたよ!

スポンサーリンク

三田天満神社夏祭の様子

三田天満神社の夏祭正門
三田天満神社に到着したのは、7月26日の夜20時ごろ。正門に飾られたお祭りの提灯が、夏祭りの雰囲気を演出します。いやーこれはテンション上がりますね。とてもいい雰囲気。

三田天満神社の夏祭、正門をくぐったところ
正門をくぐろうとすると、すでに境内にはお祭りの関係者や地域の方、そしてお祭りに訪れた人たちが一杯です。ちょっと出遅れてしまったかな?

三田天満神社の夏祭、境内から見る本堂
聞くところによると、天神地区の「北区」、「南区」、「西区」、「寺村区」の、4地区の獅子舞が一同に介し、獅子舞を奉納するのだとか。

三田天満神社の夏祭、獅子舞の奉納前の様子
ということでわたしは、人混みをかいくぐって、「北区」の獅子舞が演じられるエリアの確保に成功しましたよ!

「獅子舞の奉納」の様子

三田天満神社の夏祭で舞い踊る獅子舞その2
「獅子舞の奉納」が始まりました。もっと派手に乱れ踊る姿を想像していましたが、想像していたよりおとなしい立ち振る舞いでしたね。ただ、笛で奏でられる祭りばやしをBGMに、勇壮に舞い踊る獅子舞の姿を見ていると、「あー夏が来たなぁ。」という感じにさせてくれます。

三田天満神社の夏祭で踊るひょっとこ
このひょっとこが持っている、竹の棒のようなもので、子どもたちの頭を叩いて回っていたのがなんとも可笑しかったですね。「これで頭を叩かれると頭がよくなるよ〜」と言われて、「叩いて叩いて!」という感じの子もいれば、ひょっとこのお面が怖くて、叩いてもらえない子もいたり。なんとも微笑ましいシーン。

三田天満神社の夏祭で子どもの頭を噛む獅子舞
奉納が終わると、子どもたちが獅子舞の前に集まって、頭を噛んでもらっていました。これも頭がよくなるおまじないかな?わたしもやってもらえばよかった。

「獅子舞の奉納」の動画

獅子舞が祭りばやしに合わせて舞い踊る様子は、やっぱり写真ではなく動画のほうがいいでしょー。ということで、動画を撮影してきました。全てになるととても長かったので、ダイジェスト版でどうぞ。

すこしだけ夜店も出ていました

三田天満神社の夏祭で出ていた夜店
すこしだけですが、神社の前に夜店も出ていました。この夜店もまた、無条件にテンションが上がる、夏ならではの風景ですね!でも今回は、子どもにスーパーボールすくいをさせてあげるだけで終わってしまいました…。

さいごに

三田天満神社の夏祭正門の提灯
正直に言いますと今回、三田天満神社の夏祭はどのようなお祭りなのか?といった事前知識は、なにも持っていませんでした。ですが、そんなわたしでも十分に楽しめて、そして初夏の訪れを感じることができた、とてもいい夏祭でしたね。

次は、10月5日に秋祭があります。秋祭ではだんじりが出て、宮入りをする姿がなかなかの迫力ということなので、またぜひ見に来たいと思います!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top