さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

三田市の心理カウンセリングと個別指導教室「Whole」(ホール)で心がスッと軽くなる体験を

三田市武庫が丘の複合商業施設「プチモール」内にある、心理カウンセリングと個別指導教室の「Whole」(ホール)さんにお話を聞きに行ってきました。

こちらでカウンセラー・講師をされている杉 麻奈未(すぎ まなみ)先生は、さんだ日和のライターとしてもご活躍していただいている方なんです!今回はライターではなく、杉さんの本業である心理カウンセリングと個別指導教室についてご紹介させていただきますね。

S-HOUSE PHOTO STUDIO

スポンサーリンク

心理カウンセリングと個別指導教室「Whole」(ホール)の外観と室内の様子

心理カウンセリングと個別指導教室の「Whole」(ホール)さんは、三田市武庫が丘3丁目にある「プチモール」内にあります。地図はこちら。

このあたりは昔スーパーなどもあるショッピングセンターとして賑わっていましたが、今は美容室や鍼灸院などが入る複合商業施設になっているようですね。あと近くに、三田武庫が丘郵便局もあります。

早速、Wholeさんの看板を発見!中学生以下が無料の心理カウンセリングか……これはちょっと気になるぞ。

教室に入ると、大きいテーブルとイスに本棚があるぐらいのシンプルな空間でした。こちらで10時〜14時は心理カウンセリング(完全予約制)、15時からは個別指導教室を運営されています。

ちなみに杉さんは2017年の4月からご自宅で個別指導教室を始められて、今年の2020年の4月からこの場所で従来の個別指導教室に加え、心理カウンセリングもスタートされたそうです。

個別指導と心理カウンセリング……いまいちこのふたつが繋がるイメージが持てないので、とりあえず詳しいことは杉さんご本人に聞いてみましょう!

料金は自由。思考が整理され心が軽くなる感覚を多くの人に体験して欲しい

── 元々は個別指導教室のみを運営されていたと思うのですが、それに加えて心理カウンセリングを始められたのはなぜですか?

 個別指導教室では学校や塾で勉強について行けない”特に”勉強が苦手な子や、発達障害などの特性のある子、不登校で学校に通えていない子を対象にしているのですが、そういう子に対して自分自身もうちょっと話を聞く技術や知識が欲しくてカウンセリングを勉強しようと思ったのが最初のきっかけです。でも独学では限界があるので「関西カウンセリングセンター」という学校に1年間通って勉強して、カウンセラーの資格を取ったんです。

 「心理カウンセリング」って聞くと、自分がカウンセリングを受けるなんて……って身構えちゃいませんか?(笑) 私自身も以前はそういった「重い」イメージがあったんですけど、学んでいくうちにそうじゃないということに気づきました。ただ普通に話を聞いて共感してもらえるだけで、すごく心が軽くなるんですよね。そういった、もっと気軽に心理カウンセリングが受けられる場所が三田にもあるといいな、と思ってここを始めました。

── ほかの心理カウンセリングには無い、Wholeさん独自の特徴などはありますか?

 料金体系にもこだわりがあって、だいたい心理カウンセリングの相場って調べてもらうとわかるのですが「ちょっと高いな……」と感じられる方が多いと思います。この料金だと行きたいと思っても行けない人が出てくるんじゃないかなって。なのでWholeではカウンセリング料金を自由に設定していて、行きたいときに無理なく行ける金額をお客さま自身で設定してもらってます。

 あとは、中学生以下は無料にしているんですよ。中学生だとお金もないし、行きたいと思っても親御さんに相談してお金をもらって……ってなるとすごくハードルが高くなる。行きたいと思ったら親御さんに言わなくてもパッと行けるような、学校の保健室のような気軽な場所でありたいと思っているんです。あと私は発達障害に関しても積極的に学んでいるので、ご自身が発達障害だったり発達障害のお子さんを持つ親御さんとかにも、悩み相談なんかで来てもらえたらと思っています。

── 心理カウンセリングをする上で大事にされていることって何かありますか?

 カウンセリングをする際にアドバイスを求められることが多いんですが、私が何かアドバイスをする前に、しっかり話を聞いてもらっているうちにご本人の頭の中が整理されていくんです。それがすごくスッキリするんですよね。「ああ、そうだったのか!」と今まで自分でも思ってもいなかったような感情に気づいたり、視野が広がっていくんです。その感覚をぜひ実感してもらいたいと心掛けていますね。

── なるほど、あえて答えを出そうとせずに自発的な気付きに導くようなイメージですかね。

 そうですね、お客さまは私に向かって話をしているのですが、実はじっくり自分と向き合ってもらえるような時間になるように、しっかり傾聴しています。

さいごに

名称の「Whole」(ホール)という単語には「全体」とか「丸ごと」みたいな意味があって、「どんな人でも丸ごとそのまま受け入れる」場所にしたいという意味を込めて名付けたんだそうです。

あと、心理カウンセリングを導入することによって、従来の個別指導教室にもカウンセリングの要素を取り入れることができて相乗効果になっているみたいです。生徒さんとの対話や精神面を最も重視している、とってもユニークな個別指導教室だと思います。

—–

近頃は特に、新型コロナウイルスの影響などで知らず知らずのうちにストレスを溜めていたり、心の元気が不足しているといった方もきっと多いはず。

「心理カウンセリング」と聞くと身構えてしまいがちですが、こんな時代だからこそもっとカジュアルに「心理カウンセリング」を自分の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。今まで気づくことのなかった自分の一面に出会えるかもしれませんよ。

心理カウンセリングと個別指導教室「Whole」(ホール)の基本情報

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top