北海道出身の夫婦が営む【北海道ちーずの専門店 ほのか商店】で本格的なナチュラルチーズを食べてきた!

スポンサーリンク

三田天然温泉 寿の湯1

この記事はさんだびよりを応援する三田天然温泉「寿ノ湯」の提供でお送りします。

さんだびよりライターの河西です。今回は、西宮市山口町船坂にある「北海道ちーずの専門店 ほのか商店」に編集長の山見さんと一緒にお邪魔して、ここでしか味わえない北海道のナチュラルチーズやフードメニューを堪能してきました!

北海道出身のご夫婦が営む専門店。ナチュラルチーズをメインに北海道の美味しいものを取り扱っています。旦那様がせたな町、奥様が室蘭市と生粋の道産子であるご夫婦自らが厳選して、北海道から直接取り寄せて販売。旅行になかなか行けないこの時期に北海道を舌で感じてきました。

チーズ好きにはたまらない本格的でスペシャルなチーズと出会えましたよ♪

スポンサーリンク

目次

北海道ちーずの専門店 ほのか商店の外観と周辺の様子

「北海道ちーずの専門店 ほのか商店」は自然豊かな西宮市山口町船坂にあります。三田方面から向かう場合は西宮市街方面に向かって国道176号線から県道82号線を進み、「船坂」の交差点を右折して県道51号線に入ってすぐの場所です。地図はこちら。

国道176号線を宝塚大阪方面に進み「北六甲台4丁目」の交差点を右折、その後県道82号線に入りずっと進んでいくと、右手にセブンイレブンの看板や建物が見えてきます。それを目印にこの「船坂」の交差点を右に曲がってください。

右折するとすぐ右手にセブンイレブン。その斜め向かい側に黒壁にチーズのイラストが描かれた建物が見えてきます。駐車場に入るところが右折してから割とすぐなので、通り過ぎてしまわない様に気をつけてくださいね。

こちらが駐車場。お店の前に3台ほど駐車できるスペースがあります。混みあっていると駐車できない可能性もあるので、乗り合わせていくのもいいかもしれませんね。

お店は白を基調としたシンプルでかわいらしい外観。チーズのイラストや窓に書かれたアルファベットがオシャレですね。遠目に見える山や周りの緑によく映えて景色にすんなり馴染んでいます。自然がすぐ側に感じられる空間はとっても気持ちがいいですよ。

お店の前にはウッドデッキがあって、テーブルとイスが設置されています。お買物の後にここで一休みするのもいいですね。こんな晴れた日に外で食べるとより美味しく感じられそう。

入口はこんな感じ。お店のロゴが入ったドアや雰囲気のあるランプもセンスがよくて素敵です。ソフトクリームも販売してそうですね!さっそく中に入ってみましょう!

北海道ちーずの専門店 ほのか商店の店内の様子

店内は、フローリングの床や白タイルの壁がかわいらしく、ナチュラルで温かみのある雰囲気です。ブラインドをあげた窓からは田畑や山の緑が見えて開放的。お店の真ん中に置かれたチーズが並ぶショーケースが一際目を惹きます。

全面ガラス張りの窓からはたっぷりの光が入ってきて、とても明るく、どこからでも自然の緑が目に入るのでとても居心地がいいですよ。窓の横にはセンスのいいテーブルとイスが2組置かれていて、イートインができるようになっています。

なんといってもテンションがあがるのがこのショーケース!北海道のスペシャルなチーズがズラッと並んでいてそれはもう圧巻です。

最近のチーズ業界では、日本の食卓に合う日本独自のチーズがどんどんと開発されているのだそう。例えば、白カビの替わりに麹を使って熟成させたり、味噌や出汁に漬け込んだり、お醤油に合わせて食べるなど和のテイストがブームなんだとか。

有名なコンテストで賞をとったチーズも多数取り扱っていて、関西ではここでしか手に入らないチーズもあるんですよ!

ショーケースの反対側にも商品の陳列されている棚が。普段はジャムやクラッカーの他にも、チーズのディッブやオイル漬けなども置かれているそうです。人気なのですぐに売れてしまうのだとか。お店に来た時にタイミングが合えば手に入るかもしれませんね。ここも要チェックですよ。

北海道出身のオーナーが厳選!試食もできる北海道のナチュラルチーズが勢揃い

こちらがお店で人気NO.1の「【ジャパチーズアサヒカワ】mozzallera(モッツアレラ)/100g」(918円)。美味しいと評判を呼び、リピーターも多いので週末に入荷したら土日であっという間に売り切れてしまうのだそう。

和食に合うモッツァレラチーズでお豆腐のような感覚で食べられる一品。お刺身の様に切ってわさび醤油で頂くのがおすすめの食べ方なんですって!

私も実際に食べてみてびっくり。舌触りが滑らかで、柔らかい中にも程よい弾力が。チーズのクリーミーさも感じられつつ、お醤油と驚くほどベストマッチなんです。これは食べ始めたら止まらない美味しさ。人気NO.1なのも納得です。

人気NO.2は「【冨田ファーム】ジャパンブルー おこっぺ/100g」(1,458円)。見かけがキレイな山吹色で、ブルーチーズの中では食べやすく、まるでウニのような濃厚な旨みが特長です。

関西で手に入るのはなんとこちらのお店のみ!ジャパンチーズアワード2016で金賞を受賞しているという実力派チーズです。日本酒や焼酎と相性抜群なのでお酒好きな方はぜひお試しを。

頂いてみると、確かにウニのような濃厚さでねっとりした食感。鼻から抜けるブルーチーズ独特の香りや塩味がしっかりと感じられます。クセも強すぎず、これはお酒が進みそう……(笑)。

人気NO.3は「【ジャパチーズアサヒカワ】 cheddar(チェダー)/100g」(918円)。コロンとした形でそのまま食べても美味しいのですが、おすすめは火を通すこと。他のチェダーチーズにはないもちもちとした食感が味わえます。

フライパンで焼いたり、刻んでお味噌汁に入れたり、ホカホカの卵かけご飯にのせて食べるのもいいそうです。

実際にお味噌汁に入れたものを実食。トロトロに溶けたチーズが柔らかくビヨーンと伸びて、口に入れるともちもち、きゅっきゅっと噛み応えがある感じ。これはまさに新食感!また味噌とめちゃくちゃ合います。クリーミーでコクがありたまらない美味しさでした。これはハマりますよ!

オーナーさんに他のおすすめを聞いたら、こちらの2点も。

【しあわせチーズ工房】幸(さち)/100g」(1,101円)はジャパンチーズアワード2020で最優秀部門賞のグランプリを受賞。テレビでも紹介されるなど注目されているので、現在個人での注文はストップしているそう。ここでなら買えるなんて凄く貴重ですよね。

栗やキャラメルのような華やかな甘みがあり、放牧された牛の夏にとれるミルクで作られています。

【有限会社NEEDS】ラクレット/150g」(1,242円)は第12回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで審査員特別賞を受賞。薄切りにしてフライパンに並べて溶かして、じゃがいもやパンなどにかけて食べるのがおすすめ。

トロトロに溶けたチーズをたっぷりかけるなんて、想像しただけでヨダレがでちゃいそうです。

さらに「【有限会社NEEDS】槲(かしわ)/150g」(1,242円)。これもまた第10回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞。凄いチーズばかりが並んでいますね!

ハードタイプで4ヶ月間状態をみながら塩水で磨き熟成させたもの。こちらも試食させて頂きました。噛めば噛むほど深みが増し味が変わる感じ、凄いコクでこれもまた美味です。

【有限会社NEEDS】槲プレミアム(かしわプレミアム)/150g」(1,512円)は槲(かしわ)をもっと熟成させたもの。こちらはさらにコクが深く奥行きのあるお味です。熟成期間が違うだけで味がこんなに変わるとは……。チーズの奥深さに感嘆です。

【ジャパチーズアサヒカワ】cheddar Brown チェダーブラウン/50g」(972円)はチェダーチーズを旭川の地ビール「黒岳」に漬け込んで熟成させていて、黒ビールの苦みと甘みが感じられる隠れ人気の商品。これもまたジャパンチーズアワード2018銅賞を受賞

試食させて頂いた中で一番パンチが効いていてお酒に合いそうな旨みがありました。編集長の山見さんはこれが1番のお気に入りだそうですよ(笑)。

ほのか商店さんでは、なんといってもほとんどのチーズを試食できるのが嬉しいポイントなんです♪

オーナーの大東さんが、どんな食べ方をしたいのか、お酒は飲むのか、クセの強さや食べやすさなど、好みを聞きつつ丁寧にチーズの特徴を説明してくれるので、試食をしながら自分好みのチーズを選ぶことができますよ。

私的にはこの「【有限会社NEEDS】大地のほっぺミニ/180g」(1,242円)もとってもおすすめ。柔らかくてクリーミー。あっさりしていてクセもあまりなく、もちっとした食感が美味しかったです。

説明を聞いて試食をしていると、あれもこれも気になって1つに絞れない!という方には7種類のチーズが少しずつ楽しめる「家飲みセット」(1,620円)もありますよ。ネーミング通り、お酒と一緒に食べ比べてみるのも楽しそうですよね。

テイクアウトや店内でイートインもOK!コクと甘みが絶妙なソフトクリームと新食感の焼きチーズ串

店内で食べられるフードメニューがこちら。ん…?「ソフトクリーム界のフェラーリ」というワードが気になります。なんだかすごいマシンで作られているようですね。焼きチーズ串は人気NO.3のチェダーチーズを焼いたものがフードメニューになっていているんですって!

早速、牛乳ソフトクリームと焼きチーズ串をオーダーしてみました。

牛乳ソフトクリーム(500円)は、牛乳で有名な地域、興部(おこっぺ)町の牛乳を使用。牛乳自体が甘いので砂糖は少なめ。そして最高級のイタリアのカルピジャーニ製のマシンを使っているところがこだわりのポイント!酸素を含む量が違い食感や口あたりが軽いのだそう。

北海道のソフトクリームを食べ歩き、美味しいところは全てカルピジャーニ製を採用していたことから、マシンを導入したんだそうです。

一口食べると、まるでホイップのようなふわっとした軽い食感。濃厚なコクとスッキリとした甘味が口いっぱいに広がります。牧場で食べるような新鮮なミルクの味がして、これは絶品!あっという間に完食してしまいました。

また、18歳以下のお子様は200円引きになるそうです!これは嬉しいサービスですね。ご家族で行かれる際はぜひお子様連れでどうぞ♪

続いて、焼きチーズ串(200円)。先程紹介した「【ジャパチーズアサヒカワ】 cheddar(チェダー)」をホットプレートでシンプルに焼いてバーナーで焦げ目をつけたメニューです。

串から落ちてしまいそうなとろけ具合で、噛むごとにチーズの濃厚な旨みと香りが増し、程よい塩味とほんのり香ばしさも感じます。なんといってもこの独特のもちもち食感が癖になる美味しさ!もうずっと噛んでいたい……(笑)。

北海道の旬のお野菜も販売!こだわりのオーガニック野菜もチェック

ほのか商店さんでは、ナチュラルチーズをはじめとする乳製品の他に、旬の北海道のお野菜も販売しています。月に2回、土日にお店の外のテラスにて開催。詳しい日時は Instagramをフォローしてチェックしてくださいね。

北海道から送られてくる新鮮なお野菜は、オーガニックでこだわったものばかり。じゃがいもなら、皮も中身もピンク色のノーザンルビーや鮮やかな紫色が特長のシャドークィーンなど、珍しい品種のお野菜も多いので、眺めるだけでも楽しいですよ。ぜひ遊びに行ってみてください。

スポンサーリンク

さいごに

オーナーの大東穂野香(おおひがしほのか)さんは、大学時代に関西に住んだことがご縁で移住を決めたそうです。

「関西では北海道産のものが身近にあまりなくて、でもその一方で食に対するブランド力が強いことに気が付きました。北海道からあえて出て、道外の人に北海道の美味しいものを販売することで北海道を盛り上げたい!元気にしたいんです」と語る姿が印象的でした。

北海道の食材でも何を扱おうかと考えていた時、ナチュラルチーズに出会い、その美味しさとレベルの高さに感動して販売を決意。大東さんが自ら厳選したものを、それぞれの工房から直接取り寄せる今のスタイルのお店がオープンしました。

自信をもっておすすめできる有名どころのチーズが揃っているので、このお店に来ればお気に入りがきっと見つかるはず。

どれを選べばいいか分からない、インターネットでは試食ができないので買うのをためらう、とにかく美味しいチーズが食べたい!という方はぜひほのか商店さんに足を運んでくださいね。

「北海道の話をしてくれるだけでも嬉しいんです!」と語る地元愛に溢れる大東さんが丁寧に対応してくれますよ♪

北海道ちーずの専門店 ほのか商店の基本情報

基本情報

「びよりポイント」を貯めてギフト券をゲットしよう♪

さんだびよりに地域のさまざまな情報を提供して「びよりポイント」を貯めよう!ポイントが貯まると「Amazonギフト券」がもらえますよ。

どんな些細なネタでもOKです!下記ページのフォームからお気軽に情報をお寄せくださいね♪

さんだびよりに広告を掲載してあなたの事業をPRしよう♪

さんだびよりの運営を継続的に支えてくださる「さんだびよりパートナー」の募集を開始いたしました!月間約80,000ページビュー、読者数約40,000人の三田市最大の地域情報サイトに、あなたの広告を掲載してみませんか?

さんだびよりパートナープランの詳細は、下記のページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

さんだびよりライターの河西です!
約20年三田に住んでいます。
学生時代から過ごしたこの街の魅力を地元愛とともに、たくさんお届けできればと思っています!

スポンサーリンク

目次
閉じる