さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWEBメディア

三田ローズガーデンで願いを現実に変えている人ってどんな人たちだろう?

sanda-rosegarden-01

JUNGLECHICKEN

あんなことをやってみたい!こんなことはできるかしら?といった、さまざまな夢や願いを現実に変えたい人たちが集まる、心と体の総合癒し空間「三田ローズガーデン」。

その三田ローズガーデンで、実際に活動をされている方々をお招きし、皆さんの思いなどインタビューしてきました。さて、どんな人たちが、どのような願いを叶えてらっしゃるのでしょうか?

スポンサーリンク

三田ローズガーデンの場所と周辺の様子

sanda-rosegarden-02

と、そのインタビューの前に、三田ローズガーデンがある場所をお伝えしておきましょう。場所は、三田市三輪の三田市役所前交差点を挟んで向かい側にある、「丹商ビル」の2Fにあります。地図はこちら。

1Fに「ファミリーマート三田市役所前店」があるビルですね。あと周辺には「タチブキ」があって、そのお隣には、2016年3月に「業務スーパー」がオープンする予定です。

sanda-rosegarden-03

ファミリーマートの入り口を左に周ると、ビルの2Fに上がる入り口があります。

sanda-rosegarden-04

階段を登って右に曲がり、すぐ左手に見えるドアが、三田ローズガーデンの入り口です。目立った看板などはありませんが、扉に掛けられている、商品の洋服やバッグなどが目印になるでしょう。

願いを現実に変えている方々にインタビュー!

さぁ、ここまでやって来たものの、三田ローズガーデンという場所が具体的に何なのかということを、実はよく知らなかったんですよね……。(汗)

恐らく、わたしのように「よく知らない」という方もいらっしゃると思います。ということで、まずは代表の森下正子さんに、「三田ローズガーデンってなに?」というところから、お話を聞いてきました。

三田ローズガーデン代表の森下正子さん

sanda-rosegarden-05

── 「三田ローズガーデン」とは、どのような場所なのでしょうか?

森下 ひとことで言うと、願いを現実に変えることができる場所。自分らしく輝いた人生を送れるようになる場所ですね。

── 願いを現実に変えるとは、具体的にどのような活動なのでしょうか?

森下 わたしは中小企業庁の「ミラサポ専門家」としても活動しているので、起業をしたいという人や、趣味を形にしたい人に対して、どうすれば自分のことをアピールできるか?モノを売っていけるか?といったことを、毎月いっしょになって考えています。

あとは、三田市商工会のバックアップもあるので、商工会が主催する専門家の方々によるセミナーにも参加して頂けるようになっているんですよ。

sanda-rosegarden-06

── なるほど。ある種のコンサルやアドバイザーのように、個々の「やりたいこと」を後押しされているんですね。

森下 はい、そうですね。あとは「キレイになりたい」や、「悩みを解消したい」といった願いを持って来てくださるお客さまに対して、その願いに合わせた人をご紹介させてもらっています。

三田ローズガーデンには、キレイになるためのサービスを提供している人や、悩みを解消するようなモノを製作している人など、さまざまな人がメンバーとして登録されているんです。

そういった、人と人とをマッチングする、「人生のコーディネート」のようなこともしていますね。

あとわたし自身も、天然石を使ったオリジナルアクセサリーや、バラを使った商品の販売、ローズオットーというオイルを使ったマッサージ、カラーセラピーなどをしています。

sanda-rosegarden-07

── さまざまな方がメンバーとして登録されているということですが、具体的にはどのような方がいらっしゃいますか?

森下 アクセサリーや雑貨などのモノを作られている方や、美容サービスを提供している方などですね。あとは法律関係や、お金の問題、保険の問題などを取り扱う方など、日常生活における悩みにも対応できる方も、登録されています。

── そのメンバーの方々と森下さんは、定期的にお会いしているのですか?

森下 そうですね、月イチ程度でお会いする方だったり、よく売れるモノを作っておられる方なんかは、月に何回も商品を置いていったりしてますよ。

sanda-rosegarden-01

── 三田ローズガーデンのメンバーになる条件というのはありますか?

森下 条件は特に無いんですが、「人のことを悪く言わない人」や、「お互い刺激して高めあえる人」というのが、条件といえば条件でしょうか。あとメンバーさんには、月に1,000円の会費をいただいています。

それと、地域を盛り上げたい、三田全体を良くしたいという思いで年に4回程度、三田ホテルさんや三田屋本店さんで、出店イベントなどを行っています。それらのイベントにもぜひ、ご参加いただければと思っています。

── どういった人に来て欲しいですか?

森下 自分の願いを現実に変えたいと考えている人はもちろん、人のために動きたい、人のために頑張りたい、一緒になって願いを叶えていきたい、というような人に来ていただけたらうれしいですね。

「人を笑顔にする仕事がしたい」岩崎裕美さん

sanda-rosegarden-08

ではここからは、三田ローズガーデンで願いを現実に変える活動をされている、3人の方々へのインタビューをご紹介しましょう。

まずお1人目は、天然石・クリスタルサンキャッチャーの「Angel’s-tear HIRO」として活動されている、岩崎裕美さんです。

── 岩崎さんの活動内容を、具体的に教えていただけますか?

岩崎 天然石で作ったアクセサリーや、クリスタルガラスで作ったサンキャッチャーの製作と販売をさせてもらっています。

実はほかにも、パートを4つ掛け持ちしているんですが、わたしの中では、三田ローズガーデンでの活動がメインだと思ってやっています。

小さい頃から音楽をしたり、ミシンをしたり、なにかモノを作ったりするのが好きだったので、それが今に繋がっているのだと思います。

sanda-rosegarden-10

── 三田ローズガーデンで活動するようになったキッカケは?

岩崎 過去に私の娘が大病を患ったことがあって、そのときは先生に「このままだと助からない」と言われ、娘からも「死にたい」と言われたことがありました。そして私自身も次第に、心を病んでしまったんです。

そんなときに友人の影響で、天然石を使ったアクセサリーを作り始めました。そしてその友達からの紹介で、三田ローズガーデンに出会うことができました。

娘が病気の時は、娘の顔からみるみるうちに笑顔が無くなっていく姿を目の当たりにして、とても辛い経験をしました。でもその経験があったからこそ、人を笑顔にする仕事がしたいと思えたんです。

自分が作ったモノで、人がニコって笑ってくれる笑顔が、なによりも嬉しいですからね。そしておかげさまで、娘の病気も随分とよくなりました。

sanda-rosegarden-11

── これから叶えたいこと、目指していることはありますか?

岩崎 パートをしている勤め先の隣に、障害者の方がクッキーを作ったり、封筒を折ったりといった作業をされている場所があるんです。

ただそれは単純な作業ばかりで、お金もそれほど稼げないみたいで。華やかな仕事でもありませんし、作業をされている方々の表情も暗い。

そんな人たちに、クリスタルガラスのサンキャッチャーを糸に通していく作業を教えてあげたいな、と思っています。クリスタルガラスが光を反射して、その様子を見ているだけでも気分が晴れてくると思うんです。

何らかのハンデキャップを持っている人たちにも、もっとキラキラした世界を教えてあげられるような、そんな人間になりたいと思っています。

sanda-rosegarden-09

── 岩崎さんにとって、森下さんはどのような人ですか?

岩崎 森下さんは私にとって女神のような存在で、人が考えていることや思いを絶対に否定しない人なんです。わたしもそういう人になりたいと、心の底から思っています。

森下さんとの出会いや、三田ローズガーデンという場所がなかったら、もしかすると私は終わっていたかもしれない。私の心を開いてくれたのは、森下さんなんです。

「元気で前向きになれる言葉を」秋田紗穂さん

sanda-rosegarden-12

お2人目は、秋田紗穂さん。現役の中学生で今春から高校生になる彼女は、森下さんの娘さんでもあります。

── 紗穂さんは、言葉を綴ったポストカードを作る活動をされていますが、なにかキッカケがあったのでしょうか?

紗穂 去年、大切な人を白血病でなくしたことがありました。あと、大好きだった祖父がなくなったり、父が病気で倒れてしまったり……。まわりの大切な人ばかりが病気になったり、なくなったりしてるんです。

なので、Twitterとかで「しんどい」とか「疲れた」とか「もう死にたい」みたいに、命を粗末に考えていたり、自暴自棄な言葉を見てしまうと、つい感情的になってツイートしてしまうことがあります。

でもそんな私のツイートを読んで、「変わろうと思えた、応援してな!」とか、「元気出たわ!」といった反響の声が多くなってきたんです。

あと、何気ない日常でキレイと思った物や風景なんかを写真に撮ってツイートしたら、「キレイ、好き!」と言ってもらえたり。

そんな経緯があって、元気で前向きになれる言葉と写真とを集めた、「心のポストカード」を作るようになりました。

sanda-rosegarden-14

実は私自身も、小学校の高学年の時にグレていた経験があったんです。あの頃は親に、何度も頭を下げさせるようなことをしてしまいました。

「しんどい」って思っている人って、ちょっとしたことで道を外してしまいやすいんですよね。犯罪に手を染めてしまったり、自ら命を絶ってしまったり……。それは絶対にやめてほしいし、そうなる前に止めたいんです。

sanda-rosegarden-13

俳優さんやミュージシャンのような有名人って、一般の人より幸せそうにしているけど、みんなよりしんどいはずなんです。なのでこの「心のポストカード」を読んで、欲しいって言ってくれる人も多い。

あとこの前、ボランティアで高齢者の集いの会に行ったんですが、おじいちゃんおばあちゃんから「ありがとう、また来て欲しい。」って言ってくれたんです。

その言葉が本当にうれしくて……。なのでこれからも、この活動を続けていきたいと思っています。

── 本当に素晴らしいと思います。では紗穂さんにとって、お母さん(森下さん)はどのような人ですか?

紗穂 えーーーっ!なんやろ………。てっ、天然?あと、ウチのお兄ちゃんとは仲がいいです。(笑)

「人は心が変われば美しくなれる」石井克子さん

そして3人目は、ミキモト化粧品の販売代理店「るーどステーション」のマネージャー、石井克子さんです。

sanda-rosegarden-15

── 石井さんの活動内容を、具体的に教えていただけますか?

石井 三田ローズガーデンでは、化粧品と健康食品の販売、あとはフェイシャルエステをしています。あと20年前から、ミキモト化粧品の販売をやっています。

── 三田ローズガーデンで活動するようになったキッカケは?

石井 以前から自分の中で「イベントをやりたい」という思いがあったのですが、自らイベントの企画や準備をやったことがなかったんです。なので、出店者の集め方や、お客さんの呼び方がまったくわからなかった。

そこで、昔からの知り合いにイベントで出店している人がいて、その人に声をかけた時に森下さんを紹介してもらいました。

その後、無事にイベントを開催することができて、森下さんにも遊びに来てくれました。その時に、イベントを運営するにあたってのいろいろアドバイスを貰ったことを覚えています。

でもそれ以降は、イベントを主催の大変さを知ってしまって……。イベントをしたのは結局、その1回だけになっています。(笑)

sanda-rosegarden-16

── 三田ローズガーデンに来て良かったことはありますか?

石井 母が肝臓を患っていて、健康に良い食べ物を探しているうちに、ミキモト化粧品が取り扱っている健康食品に出会いました。

それがキッカケで、ミキモト化粧品の販売代理店で働くことになったんですけど、この20年の間に辛いことはたくさんありました。でも母にミキモトの健康食品を飲ませ続けたいという一心で、この仕事を20年続けてきたんです。

でも、去年の5月に母がなくなって、仕事を続ける一番の理由がなくなってしまった。そんな失意の中、森下さんに相談したんです。

その時は、何か具体的にアドアイスをもらったわけではないのですが、この20年の間に出会ったお客さんと、培ってきた経験があるということをもう一度、見つめなおすことができました。

やっぱりまた頑張ろう!と思って、今も仕事を続けることができているのは、三田ローズガーデンと森下さんのおかげだと思っています。

sanda-rosegarden-17

── これから叶えたいこと、目指していることはありますか?

石井 人は、心が変われば美しくなれるということを伝えていきたいです。美人でもないしスタイルもよくないから、化粧をしたって意味ないやん?という気持ちを、以前は私も持っていました。

でも、化粧品に携わる仕事をしてからは、そうではないということがハッキリと分かりました。やれば必ず変わりますから。

── 石井さんにとって、森下さんはどのような人ですか?

石井 何かあった時には駆け込める、そして頼りになる、お母ちゃんのような存在ですね。スキルや知識が豊富で、教えてもらうことがたくさんあるんですが、いつもちゃんと見守ってくださりますから。

さいごに

sanda-rosegarden-18

三田ローズガーデン」には、2つの側面があります。ひとつは、アクセサリーや化粧品の販売、ネイルやエステといった、美と癒しのサービスを提供するという側面。

そしてもうひとつは、願いを現実に変える空間としての側面です。今回、お集まりいただいた皆さんは、自分が本当にやりたいと思っている願いを、ここ三田ローズガーデンで現実に変えてらっしゃいました。

過去には辛いことも経験したけど、今は皆さん、とてもイキイキとした表情をされていました。それには、女神でもありお母ちゃんでもあり、そして天然キャラでもある、森下さんの存在があってこそでしょう。

人は、ひとりではなにもできません。何かをやってみたいという願いを持っている方は、その願いを現実にするために、三田ローズガーデンを訪れてみてはいかがでしょうか?

三田ローズガーデンの店舗情報

sanda-rosegarden-19

  • 住所:兵庫県三田市三輪2-1-12 丹商ビル2F(ファミリーマート三田市役所駅前店2F)
  • 営業時間:10:00〜18:00(要予約)
  • 電話番号:090-7762-1954
  • ホームページ:http://rosegarden731.on.omisenomikata.jp/

※イベントや講師派遣などで、森下さんがお店を留守にされている時があります。来店の際には、お店が開いているかどうかを、事前にお電話でお問い合わせくださいね。

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top