さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

イタリアンバール サンジ(ItarianBar Sanji 34)で味わう最高のパスタランチ!

sanji34-01

mid-banner-ami

三田市西山にある話題のイタリアン「イタリアンバール サンジ」(Itarian Bar Sanji 34)さんで、パスタランチをいただいてきました。

地元三田産のフレッシュな食材をふんだんに使用した、日替わりの前菜プレートとパスタのこだわりランチ。見た目にも鮮やかで、素材の良さを活かしたその一皿一皿には、シェフのセンスの良さがそのままギュッと凝縮されています。

ちょっとほかでは味わえない、感動的においしいパスタランチに出会えますよ!

スポンサーリンク

イタリアンバール サンジの外観と周辺の様子

sanji34-02

「イタリアンバール サンジ」(Itarian Bar Sanji 34)さんは、三田市西山2丁目にあります。地図はコチラ。

西山地区の中でもちょっと奥まった場所にあるのですが、以前に洋菓子店の「ル・パティシエ・プチ・ムッシュ」があったトコと言えば、「ああ、あの場所ね!」と思い浮かべることができる方も多いのではないでしょうか。

sanji34-03

駐車場は店舗の前に4台分のスペースが有りますが、1台はオーナーシェフの愛車が停められているので、実際には3台分の駐車スペースになります。大人数で訪れる場合は、おクルマを乗りあわせて行ったほうが良いでしょうね。

sanji34-04

お店の看板的存在にもなっている濃紺のBMW。ナンバープレートをよく見ると、お店の名前と同じ「34」で統一されています。こんなところからも、お店への強いこだわりが感じられますね。

sanji34-05

木のぬくもりを感じる三角屋根の建物は、前面の大きなガラス張りがとってもオシャレです。そして手前の芝生も、鮮やかな緑でキレイですね。

あれ、よく見たらしゃがみながら撮影しているわたしが、思いっきりガラスに写り込んじゃってますね……。や、やっちゃった。(笑)

sanji34-06

手書きの看板が、いかにもバールといった雰囲気で、これまたオシャレ。ランチタイムは12:00~15:00で、ディナータイムは19:00〜22:00。あと休日は不定休になります。

イタリアンバール サンジの店内の様子

sanji34-07

店内は木を基調としたインテリアで統一されていて、落ち着いた雰囲気。黒の壁面や赤の天井なども、いい感じのアクセントになっていますね。そしてなんといっても、大きな窓から差し込む明るい日差しが気持ちイイ!

sanji34-08

L字型のカウンターには、座席が全部で9席。ふら〜っと立ち寄って、オーナーシェフとの会話を楽しみながらランチを頂くといった、贅沢な時間が過ごせそう。

sanji34-09

実はこのカウンター、ゲストの方々が食事を楽しんでいる姿が、写真共有SNSのInstagramでオシャレにシェアされているのをよく見かけるんですよね。

個人的にちょっとした憧れのあったカウンターだったので、「やっとこのカウンターに座ることができた〜!」と、ひとりで密かにテンション上がっちゃってました。

sanji34-10

そしてカウンターのほかには、4人用のテーブル席が2つ。ちなみにお子さま用の椅子は無いそうなのですが、事前に連絡すればお子さま用のメニューも用意してくださるそうですよ。

旬の食材を使って振る舞われる3種類の日替わりコースメニュー

sanji34-11

サンジさんのメニューはランチ・ディナー共に、以下の3種類のコースメニューで構成されています。

サンジライトコース 全5品 2,000円

前菜 三田地野菜のポタージュ パン
本日のシェフこだわりお任せパスタ
季節のお肉料理
珈琲 紅茶
※ドルチェの追加 @プラス300円

サンジフルコース 全8品 3,400円〜

前菜 三田地野菜のポタージュ パン
本日のシェフこだわりお任せパスタ
季節のメインお魚料理
季節のメインお肉料理
本日のドルチェ 珈琲 紅茶

サンジスペシャリテコース 全8品 5,000円

前菜 三田地野菜のポタージュ パン
本日のシェフこだわりお任せパスタ
オマールエビのポワレ
黒毛和牛とフォアグラのミルフィーユ
本日のドルチェ 珈琲 紅茶

なお、お料理は事前予約制になっていますので、3日前までに予約をしてくださいね。

三田産の食材から生まれる、抜群にウマいパスタランチ!

sanji34-12

この日まず運ばれてきたのは、「アンティパストプレート」。この日は、サラダの中にいわしのコンフィやキッシュ、そしてフランスパンといったいろんな具材が、お皿にアートを描くように盛りつけられていました。

いろんな味がちょっとずつ、そしてたくさん味わえるこのワクワク感がたまらない!前菜から幸せな気分にさせてくれる、そんな一皿ですね。

sanji34-01

そしてこの日のパスタは「うに風味の自家製トマトソーススパゲッティ」でした。あぁもう、名前を聞いただけで食欲がMAXにそそられる感じですが、このビジュアルもかなりヤバくないですか?

パスタソースの具材には、三田産のトマトやナスといった旬の夏野菜、そして三田ポークなどの、地元三田産のフレッシュな食材がふんだんに使用されています。

sanji34-13

ひとくち食べると、濃厚なうにの風味とほんのり甘いトマトソースの風味が、口いっぱいに広がります。いろんな具材の味が複雑に絡み合いながら、それぞれが良さを引き立て合っている。

いやーちょっと、このパスタはマジで抜群にウマいです!まさに「計算しつくされた味」といった感じで、ホントに感動的でした。

完全に胃袋を持って行かれちゃいましたね。(笑)

sanji34-14

そして食後には、「梅スカッシュ」(ノンアルコール)をチョイス。サッパリとした酸味と強めの炭酸は、夏の暑い時期にはピッタリのドリンク。

見た目も味も、そしてボリュームも大満足のパスタランチでした。ごちそうさまでした〜!

その日の旬な食材で最高にウマいイタリアンを。オーナーシェフの横田大輔さん

sanji34-15

こちらが「イタリアンバール サンジ」(Itarian Bar Sanji 34)のオーナーシェフ、横田大輔さん。テルマエ・ロマエに出てきても違和感なさそうなくらいに彫りの深い、超イケメンです!

このお店を始める前は、有名ホテル「神戸ベイシェラトンホテル」でフレンチのシェフをされていた横田さん。さらにその前はBMWのディーラーでセールスをしていたという、シェフとしては異色の経歴をお持ちです。

「昔から絵を書いたりものを作ったりするのが好きでした。BMWのカーデザイナーになりたくて芸大にも行きましたが、若い頃は迷った時期もあって、とにかくいろんなことを経験しましたね。その中でもBMWのセールスをしていた時に出会ったお客さんに、今の僕を作ってもらったと思っています。その経験はすばらしい財産になっているし、とても感謝しています。」と語る横田さん。

sanji34-16

横田さんのこれまでの経歴をお伺いして、提供される料理やインテリアなどのセンスの良さに納得しました。そしてそのセンスやこだわりは、「日替わりのコースメニューのみ」というお店のスタイルにも現れています。

「その日その日で旬な食材を使って、最高にウマいイタリアンをゲストに提供したいという思いから、日替わりのコースメニューというスタイルを取らせてもらっています。あと3日前の事前予約制にさせていただいていますが、お時間をいただく分、必ず満足していただけるお料理を提供できる自信はありますよ。」

さいごに

さいごに、横田さんと34styleで記念撮影させていただきました。ありがとうございます!

事前予約制のコースメニューのみというスタイルなので、ふらっと立ち寄るといった使い方は出来ないかもしれません。でも一度ご予約してお店に行ってもらえれば、その価値があることはすぐにわかっていただけると思います。

横田さんとの会話を楽しみながら、その日の旬な食材とバツグンのセンスで、最高にウマいパスタとイタリアンのコース料理を振る舞ってもらえますよ。

さぁ、今日のサンジは、どんなおいしいパスタとイタリアンを作ってくれるんだろうな〜!

イタリアンバール サンジの店舗情報

sanji34-17

※当記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接、イタリアンバール サンジ(ItarianBar Sanji 34)へお問い合わせください。

※当記事で使用している写真の無断掲載・使用を禁止いたします。

三田市のおすすめランチをまとめてみました!

イタリアンバール サンジ(ItarianBar Sanji 34)さんをはじめとした、三田市でおすすめのランチが食べられるお店をまとめてみました。「今日のランチはどこに行こうかな〜?」と迷った時なんかはぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top