【週刊さんだびより】はじめました!

2015年のさとのね七夕フェスティバル「第4回 みんなの気持を風船で飛ばそう」は7/5(日)に開催!

satonone-tanabata-fes2015an-01

スポンサーリンク

三田天然温泉 寿の湯1

この記事はさんだびよりを応援する三田天然温泉「寿ノ湯」の提供でお送りします。

2015年の今年も、郷の音ホールで開催される「さとのね七夕フェスティバル」。今年で4回目を数える名物企画の「みんなの気持を風船で飛ばそう」が、7月5日(日)に開催されることが決定したようです!

スポンサーリンク

目次

2015年の「さとのね七夕フェスティバル」は7/4(土)・7/5(日)に開催!

そろそろ関西地方も、梅雨が明けそうですね。そして梅雨が開けるといよいよ夏本番!お祭りの季節がやってまいりますよ。

今年も三田市では、いろんなお祭りが企画されていることかと思いますが、そのトップバッターとも言えるお祭り、「さとのね七夕フェスティバル」が、今年も開催されることが決まったようです!

日程は、2015年7月4日(土)と5日(日)の2日間。会場はもちろん、三田市総合文化センター「郷の音ホール」です。

郷の音ホールさん公式HPのトピックスをチェックすると、当フェスティバルのチラシがアップされていました。ということで、勝手ながらリンクをペタリ。

satonone-tanabata-fes2015an-02
※画像をクリックすると、チラシのPDFファイルが表示されます。

体験イベントあり、映画あり、コンサートやショップもありで、2日間まるまる遊べそうなイベントがズラリと企画されていますね!

そしてこれらのイベントの中でも、個人的に注目しているイベントは7月5日(日)にある、「第4回 みんなの気持を風船で飛ばそう」ですね。

2014年の「第3回 みんなの気持を風船で飛ばそう」の様子

じつは昨年のこのイベントに参加させていただきまして、たくさんの風船が一度に舞い上がる景色がとても感動的だったのを覚えているんですよね。子どもも連れて一緒に参加したのですが、めちゃくちゃ喜んでました。

で、その時の様子はこちら。

あと、郷の音ホールさんのFacebookでも、昨年の風船を飛ばす瞬間の写真がアップされていましたよ。実はこの写真の中に、わたしも映っております(笑)

【さとのね七夕フェスティバル】さとのね七夕フェスティバル2日間の全プログラム終了しました。たくさんのお客さまにご来場いただきありがとうございました。 無事に7周年を迎えることができました。ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。郷の音ホールスタッフ一同

Posted by 三田市総合文化センター郷の音ホール on 2014年7月6日

さいごに

去年はあいにくの小雨模様で、そのせい参加者もちょっと少なかったように思います。なので今年こそは、気持ちよく真っ青に晴れた青空でたくさんの風船を飛ばしたいですねぇ。そうしたらもっと、感動的なイベントになるはず。

そして今年の「みんなの気持を風船で飛ばそう」は、参加費が無料という事です。これまでに参加したことがある方もない方も、今年はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

「みんなの気持を風船で飛ばそう」に来ていた「えべっちゃん」
なお、郷の音ホールには400台までの駐車が可能な、広大な駐車場があります。ですが当日は、その駐車場でも満車になってしまう可能性があるので、その時は近隣の有料駐車場をご利用ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。

※そのため、掲載中のサービスやイベントなどは状況により延期もしくは中止となる可能性があります。詳細は各事業者さままでお問い合わせください。

※お出かけの際は、お住まいやお出かけされる都道府県の要請をご確認の上、マスクの着用・手洗いの徹底・ソーシャルディスタンスの徹底などにご協力ください。

さんだびより、投げ銭はじめました。
もしよろしければ少額でもサポートいただけますと嬉しいです!今後の取材費や運営費として大切に活用させていただきます

活動費をサポートする!

※ ofuse(オフセ)という外部サイトが開きます。

「びよりポイント」を貯めてギフト券をゲットしよう♪

さんだびよりに地域のさまざまな情報を提供して「びよりポイント」を貯めよう!ポイントが貯まると「Amazonギフト券」がもらえますよ。

どんな些細なネタでもOKです!下記ページのフォームからお気軽に情報をお寄せくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次
閉じる