さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

今年も優勝&ドラフト指名!兵庫ブルーサンダーズ新入団選手お披露目会に行ってきた

エムクラスガーデンのかき小屋百祥

2017年3月12日(日)、兵庫ブルーサンダーズの選手や監督、そしてコーチがファンの皆さんの前に一堂に会する「新入団選手お披露目会」が行なわれました。

今シーズンを共に戦うメンバーの中には、元メジャーリーガーのアノ選手の姿も!普段の試合では見られない和気あいあいとした雰囲気と、楽しいトークが聞けたイベントでしたよ!

スポンサーリンク

キッピーモールに兵庫ブルーサンダーズのスタッフとファンが集結!

今回の「新入団選手お披露目会」の会場となったのは、三田駅前にあるキッピーモール6Fの多目的ホール。開始前から続々とファンが集まって来ました。

昨シーズンは兵庫ブルーサンダーズの選手が初めて、NPB(日本野球機構)のドラフト会議で指名を受けたということだけあって、今シーズンも注目度と期待度の高さが伺えます。

チームの選手自らが率先してイベント運営のお手伝いをされているのも、地域密着の独立リーグ球団ならではの姿ですよね。

あれっ、右側の後ろに見える選手はもしかして……。またあとでご紹介しますが、この選手の活躍は、今シーズンの兵庫ブルーサンダーズ一番の注目ポイントでしょう!

2017年シーズンは監督とコーチが大幅に刷新!

そして定刻になり、2017年の兵庫ブルーサンダーズ「新入団選手お披露目会」がスタート!座席はファンでほぼ満席になっていました。

まずは、兵庫ブルーサンダーズ球団代表の「高下 沢」さんからのご挨拶。

『新入団選手お披露目会は2011年から始めて、今回で7回目になりますが、今年は一番楽しみなシーズンになると思っています。去年はドラフトで2人指名されました。2年連続で指名を受けられるように、スタッフ一丸となって頑張ります。ぜひ期待してください。』

続いては、今シーズンから一軍監督に就任された「続木 敏之」監督。

『今年のチームスローガンは「全てに挑戦」です。そして私の野球スタイルは「最後まであきらめないこと」です。この2つの言葉をもって3連覇するつもりでいます。そして1人でも多く、次のステージに上る道を作っていきます。選手たちの成長を見守ってください。』

続木監督のアツい決意表明を、真剣な眼差しで聞き入る選手たち。会場がピリッとした空気に包まれます。

こちらも今シーズンから一軍コーチに就任された「射手園 眞一」コーチ。

『昨年までは姫路の球団で、敵チームとして戦ってきました。今年は三田の温かいファンの皆さんの声援を背に戦うことができて、より一層やり甲斐を感じています。監督が勝つための采配を思い切って振るうことができるように、しっかりと準備をしていきます。』

続いて、二軍監督の「池内 豊」監督。

『このチームで一番長く所属する人間になってしまいましたが、今年から二軍専任で大学生を預かることになりました。今年は16名の新入生が入ってきます。大学生からプロ野球の門をくぐれるように、皆さんと一緒に頑張っていきたいと思います。』

二軍コーチの「永山 英成」コーチ。

『二軍の野手コーチと芦屋学園高校の育成軍監督を兼任させていただきます。兎にも角にも、一軍へ送り出すというファームの仕事をしっかりと全うしたいと思います。さらに「インパルス」(芦屋大学生チーム)をBFLの3球団と戦えるチームに作り上げていきたいと思っています。』

コンディショニングコーチの「木村 豪」コーチ。

『私は兵庫ブルーサンダーズが発足してから最初の2年間、選手としてプレーさせてもらっていました。退団後はトレーナーの道に進み、今年またこうして三田に戻ってくることができました。ブルーサンダースを下から支えていくようなトレーナーになりたいと思っています。』

総勢25名!2017年シーズンの所属選手の中にはアノ選手の姿も!

そしてここからは、兵庫ブルーサンダーズの2017年シーズン所属選手を、一挙にご紹介していきたいと思います!まず最初は、今シーズンの新キャプテンに任命された「菖蒲 海」選手。

『今年2年目の19歳です。キャプテンになれる機会なんてなかなかないですし、いい経験になると思っています。ファンの皆さん、グラウンドで待ってますので応援に来てください!そして選手の皆さん、優勝できるようにお願いします!(笑)』

急にキャプテンから優勝をお願いされた選手たちは大爆笑!フレッシュな愛されキャラの菖蒲選手が、年齢層の幅広いチームをまとめ上げてくれることでしょう。

続いては、新入団選手のご紹介です。今シーズンは新たに10名の選手たちが加入しました。

背番号31 「木山 祐貴」選手

『ポジションはキャッチャーをしています。出身は和歌山で、京都教育大学から来ました。続木監督の元でチームに貢献できるよう、そしてNPBに入れるように頑張っていきます。』

背番号18 「齊藤 義貴」投手

『兵庫県出身の22歳で、ポジションはピッチャーです。主に試合の後半で使われると思いますので、試合の開始時間が過ぎても「齊藤が投げるから」と、観に来ていただけるような投手になりたいと思っています。』

背番号9 「松本 昌大」選手

『出身は茨城県です。ここに来る前は「ウェルネス北九州」で野球をやっていました。ポジションは外野手です。勝ちにこだわって一生懸命プレーし、皆さんに応援されるような選手になっていきたいと思います。』

背番号4 「清水 勇志」選手

『今年23歳で、これまで社会人の軟式野球でプレーしていました。野球という夢をあきらめず、挑戦しにやって来ました。小柄ですが、周りのデカい奴らに負けないように全力でプレーしていきます。』

背番号8 「森 颯馬」選手

『18歳の大阪府出身です。大阪学芸高校から入団しました。自分の武器は足なので、足でチームに貢献できるように頑張ります。』

背番号23 「矢田 楓」選手

『18歳の兵庫県出身です。東洋大姫路高校から来ました。このチームに入団するために高校2年の2月に野球部を辞めました。走攻守すべてでチームの勝利に貢献できるように、若さを活かして全力でプレーしていきます。』

背番号1 「平野 稀成」選手

『大阪府出身です。鳥取城北高校から来ました。田中あきと選手よりスゴいバッターになって、ホームラン王を目指して頑張っていきたいと思います。そして続木監督の元、「本気・やる気・元気」を忘れずに頑張っていきたいと思います。』

背番号15 「金澤 圭俊」投手

『28歳のピッチャーです。18歳の時に一度、野球を辞めてしまったんですけど、野球に対する気持ちが27歳の時にまた再燃しました。10年のブランクはありましたが、チームスローガンにもある「挑戦」のように、自分も挑戦者のつもりでしっかりと頑張っていきます。』

背番号54 「生島 大輔」選手

『内野手で、昨年まで5年間はBCリーグでプレーしていました。地域の皆さんに恩返しするために、まずはフィールドでプレーを見ていただき、そして勝利することで地域を盛り上げていきたいと思います。』

背番号11 「森田 将」投手

『出身は広島で、東京国際大学を卒業してここに来ました。高校は大先輩の高下代表と永山コーチと同じ、名門・広島工業高校です!ポジションは投手です。今年でNPBに行けるように日々精進して、練習していきたいと思います。試合でも一生懸命投げます。』

続いては、昨年度から在籍する残留選手と、大学生選手のご紹介です。

背番号36 「松尾 星也」選手

『名門・芦屋大学の4回生です。今年が大学生として最後のシーズンになりました。昨年の山川さんと向谷に続いて、今年は絶対に僕がNPBに入れるように頑張ります。』

背番号77 「田中 あきと」選手

『私も名門・芦屋大学の4回生です(笑) 1回生の時から一軍に上がらせてもらって、今年で4年目になります。自分も今年、絶対にプロに行きたいと思っています。』

背番号61 「三崎 太郎」選手

『昨年までインパルスでプレーしていましたが、今年から一軍に上がらせていただきました。永山コーチと池内監督に指導していただいたことが、一軍でもしっかり発揮できるようにプレーしたいと思います。』

背番号46 「三浦 秀輝」選手

『今年で芦屋大学の3回生になります。何事にも全力プレーで、去年より活躍できるように頑張ります。』

背番号45 「森川 大輔」選手

『今年から一軍でプレーさせてもらうことになりました。今年で芦屋大学2回生になります。周りは年上の方が多いですが、その方々に負けないように頑張ります。』

背番号43 「米田 廉」投手

『去年まで芦屋学園高校の育成軍でした。勝てるピッチャーとして、大事な場面を任せてもらえるような存在になりたいと思っています。』

背番号75 「イ・スーノン」投手

『今年で兵庫ブルーサンダーズに来て2年目になりました。今シーズンは唯一の外国人選手なので、助っ人として恥のない成績を残したいと思います。』

背番号2 「杉尾 拓郎」投手

『去年から在籍していますが、1ヶ月ほどなのでまだまだ覚えていただけてないと思います。皆さんの印象に残るようなプレーをたくさんして、優勝に貢献できるように頑張ります。』

続いてはお待ちかねの、練習生のご紹介です!ひとりだけ全然、練習生っぽくない存在感を出している選手がいますね(笑)

背番号22 「河村 将督」投手

『チームの目標としては優勝ですが、個人の目標としては井川さんの記録を超えることと、阪神タイガースで29番をつけることです。開幕戦で完投すれば井川さんから時計がもらえるので、頑張ってゲットしたいと思います(笑)』

背番号29 「井川 慶」投手

『はじめまして!ポジションはピッチャーをやっています(笑) まだ練習生ですが、一日でも早く選手契約できるように一生懸命頑張りたいと思います。』

背番号35 「新子 雄大」投手

『ピッチャーをやっています。大阪偕星学園から来ました。練習生なので早く選手に上がれるように頑張ります。』

背番号16 「押田 健心」投手

『ポジションはピッチャーで、年齢は17歳、熊本県の城北高等学校から転入してきました。早く一軍に上がれるように精一杯、頑張りたいと思います。』

背番号40 「林 泰成」選手

『ポジションはキャッチャーとサードをやってます。年齢は16歳です。高校を中退して入団しました。まだまだ若いので、若いなりに頑張っていこうと思います。』

背番号32 「黒田 優斗」投手

『私も年齢は16歳で、ポジションはピッチャーです。開幕から一軍に上がって、優勝に貢献できるように頑張ります。』

以上が、2017年の兵庫ブルーサンダースの全選手およびスタッフになります。皆さん、今シーズンも優勝とNPBのドラフト指名に向けて頑張ってくださいね!

あ、あと、大切な人(牛?)のご紹介を忘れていましたね。球団マスコットキャラクターの「モーダくん」です!

三田生まれの三田育ちで、三田牛の「モー」と猛打賞の「モーダ」をかけて名付けられたそうです。好きな食べ物は「スイーツ」なんですって!全然、牛っぽくないし(笑)

その後のトークも和気あいあいと進行

そして選手紹介のあとは、ディスカッション形式でのトークセッションや、ファンから選手への質問、さらには選手から選手への質問といった内容で進んでいきました。

去年は真面目な選手が多かったということですが、今年はみんな元気があって笑いが絶えず、とても明るい雰囲気でした。きっとチームワークがいい証拠ですね。

あと、気になる井川投手も、かなりチームに溶け込んでいるなぁ〜といった様子でした。監督やチームメイトのことをイジったり、ファンの方から野菜をわけてもらったり。(笑)

井川投手って、こんなに面白い人だったんだ!という本来の魅力を知ることができて、ファンにとってはとても良い機会だったと思います。

そんなこんなで、和気あいあいとした雰囲気のまま、兵庫ブルーサンダーズの2017年「新入団選手お披露目会」は終了となりました。お疲れさまでした!

やはり昨年、山川投手と向谷選手の2名がプロ野球からドラフト指名を受けたこともあって、「今年は絶対に自分が指名されるんだ!」と意気込む選手が多いな、という印象を受けました。

チームや地域の盛り上がり、そしてリーグ全体の発展には、一人でも多くのプロ野球選手を輩出することが必要不可欠なので、ぜひ今年もリーグ優勝とドラフト指名が実現することを願っています!

開幕戦は4月2日(日)の13時にプレイボール!

そして今シーズンの兵庫ブルーサンダーズの開幕戦は、4月2日(日)の13時から、城山公園のアメニスキッピースタジアムにて開催されます!いよいよシーズンが始まりますね、ワクワクしてきました!

ただ、対戦相手の「06BULLS」は、今シーズンから元阪神タイガースの「坂 克彦」選手が加入するなど、より一層手強い相手になっています。

この日は2017年の初勝利が飾れるように、アメニスキッピースタジアムまで足を運んで、ブルーサンダーズの選手を応援してあげましょう!

井川投手の「直筆サイン色紙」を3名様にプレゼント!


当プレゼントの応募は終了させていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました!

そしてさいごに、井川投手からステキなプレゼントをもらっちゃいましたよ!

井川投手が手に持っている直筆のサイン色紙を、さんだ日和をご覧くださっている方の中から抽選で3名様にプレゼントしたいと思います!

プレゼントへの応募方法は、下の「プレゼントに応募する」ボタンをタップ(クリック)して応募フォームに進み、必要事項を記入するだけです。

プレゼントに応募する

なお、応募の締め切りは、2017年4月9日(日)までとさせていただきます。そして当選者の発表は後日、さんだ日和のFacebookページにて発表させていただきます。どしどしご応募くださいね!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top