【2021年版】三田市尼寺の原田いちごファームでいちご狩り!史上最高の大きさと甘さとジューシーさにマジ感動!

スポンサーリンク

三田天然温泉 寿の湯1

2021年、早くもいちご狩りのシーズンが到来!三田市尼寺にある「原田いちごファーム」さんで今年もいちご狩り体験をしてきたので、その様子をお伝えします!

徹底した環境管理の元で大切に育てられた極上のいちご「紅ほっぺ」は、色鮮やかで驚くほどの大きさ。加えて今年の2021年はいちごの生育が例年以上に素晴らしく、オーナー自身も「創業してから一番の出来」と太鼓判を押すほどの、甘味たっぷりジューシーないちごがゴロゴロと育っていますよ♪

スポンサーリンク

目次

原田いちごファームの基本情報

基本情報
  • 住所: 〒669-1505 兵庫県三田市尼寺417
  • 開園期間:1月~5月末
  • 開園日:水曜日~日曜日、祝日
  • 開園時間:10:00~14:30(最終受付14:00)
  • 電話受付:9:00~15:00
  • 料金(平日):小学生以上:2,200円 3歳〜小学生未満:1,900円 1〜2歳:500円 乳児:無料
  • 料金(土日祝日):小学生以上:2,400円 3歳〜小学生未満:2,100円 1〜2歳:500円 乳児:無料
    ※いちご狩りは30分食べ放題
  • 電話番号:090-6986-2926
  • ホームページ: http://harada15.com/
  • SNS: LINE Instagram Twitter Facebook

原田いちごファーム周辺の様子

今回ご紹介する「原田いちごファーム」は、三田市尼寺にあります。地図はコチラ。

JR新三田駅方面から「北摂里山街道」を上がっていき、有馬富士公園を過ぎた先の「有馬富士公園口」交差点を左折。そしてさらに先の「志手原」交差点も左折してしばらく進むと……

「花山観光園」さんの看板が右手に見えて、その反対側の左手に見えるのが原田いちごファームのビニールハウスです。

そのまま少し通り過ぎると左手に専用の無料駐車場があるので、車でお越しの方はこちらに駐車しましょう。さらに先には団体バスも停められる駐車場もあって、合計で60台分のスペースが確保されていますよ。これだけ駐車場が広ければ、安心して車で訪れることができますね。

原田いちごファームのビニールハウスの数は全部で12棟で、総面積は2,600㎡もあります。2016年のオープン当初は4棟だったビニールハウスも、今ではその3倍にまで拡張されているのですからビックリですね!

「もっとたくさんの人においしいいちごを食べてほしい!」というオーナーのいちごに対する熱い想いのもと、敷地の広さだけでなくいちごの質も量もどんどん成長してスケールアップしていってます。

原田いちごファーム園内の様子

ビニールハウスの中には、青々と成長した葉の下に真っ赤ないちごがビッシリ!原田いちごファームでは、大ぶりで甘くしっかりとした食感が特徴の「紅ほっぺ」という品種を、15,000株も植え付けているそうです。

あと見ての通り、いちごは「高設養液土耕栽培」という栽培方法で育てられています。立ったままの楽な姿勢でいちご狩りができるのがうれしいですよね。

地面から約110cmぐらいの高さのところに畝があって、そこからいちごの実が下に20cmほど垂れています。だいたい大人の腰くらいの高さなので、小さなお子さんでも手が届きますよ。

あと足元にはシートが敷かれているので、靴が汚れる心配はありません。ただ、ビニールハウスの周辺が土になっているところもあるので、念のため動きやすい靴を履いてきたほうがいいでしょう。

見てくださいよ、この立派で美しくて美味しそうないちごを……。ビニールハウスの中に入った瞬間に甘酸っぱい香りが広がって、それだけでもうテンション上がっちゃいますよ!

2021年シーズンのいちごはレベルが違う!大きさと甘さとジューシーさがハンパない

そして今回の取材も、三田市のいちごをご紹介する上では欠かせないこのお方!「いちごを愛して止まない三田市在住のいちご姫」こと、ピアニストの 江嶋真有さんにモデルを務めていただきます。ってかもういきなり、あり得ないぐらいの大きさのいちごをゲットしてるじゃないですか(笑)

それもそのはず、今年の2021年シーズンはいちごの生育がめちゃくちゃ良いらしく、このように通常の2〜3倍はあろうかといったモンスター級のドデカいちごが、そこら中にゴロゴロと実をつけているんです!

「大きくて綺麗ないちごがいっぱい!すご〜い!」と夢中になっていちごを狩りまくる、いちご姫。

そうそう、彼女の手元にご注目ください。原田いちごファームではいちご狩りの際には、消毒済みのハサミを使用します。そのため直接いちごに手を触れる事がないので、新型コロナウイルスが心配という方でも安心していちご狩りを楽しんでいただけますよ。

あとコロナ対策という点では、12棟あるビニールハウスの全てに手洗い場と消毒液が設置されています。これで手を洗ったりいちごを洗ったりということも、自由にできますね。

そしてもうひとつ、各ビニールハウスには大型ファンが設置されていて、ハウス内は常に換気されたクリーンな空気で保たれています。あとそもそも、ビニールハウスの中もかなり広いので、密になることはほぼありません。

ではでは、万全すぎるぐらいに万全なコロナ対策を確認したところで早速、お目当てのいちごを実食させていただきましょう!

「幸せ……感動………言葉にならないっ!!」

い、いちご姫、あまりの美味しさに語彙力を失ってしまったようです(笑) いやホント、今シーズンのいちごの出来は衝撃的ですよ!メチャメチャ大きいのにしっかりと甘みが乗ってて、果汁があふれるほどにジューシー。この美味しさはぜひ現地に行って、実際に味わってみて欲しいです。

おみやげに最適!いちごのテイクアウトもできる

そして原田いちごファームでは、摘み取ったいちごを量り売りでテイクアウトする事ができます。いちご狩りを楽しんだ後にちょっと食べ残しちゃったという時や、友達などへのおみやげに持って帰りたいなんて時に使えそうですね。あと、量り売りだけを利用することも可能ですよ。

ちなみに100円の別料金が掛かってしまいますが、おみやげに最適な手提げ箱も用意していただけます。

スポンサーリンク

さいごに

さいごに「原田いちごファーム」のオーナー、原田真司さんにお話を聞いてきました。

── 原田いちごファームさんの特徴や、こだわりなんかを教えていただけますか?

原田 はい、できるだけ甘いいちごを作るために光を多く取り入れたり、いちごの栽培に最適な温度や湿度などを管理したりと、ハウス内の環境には徹底的にこだわっています。

── いちごの美味しい時期って冬場なんですか?

原田 そうですね、5月末頃まで安定した品質で提供させていただくようにしていますが、やっぱり粒が大きくて甘みの乗ったいちごがたくさんあるのは、1月〜2月頃にかけた冬場になりますね。

── そうだったんですね!勝手なイメージでいちごは春先あたりが旬なのかと思ってました。では、さんだ日和を見てくださっている方にひとことお願いします!

原田 「原田いちごファーム」は今年で6年目になるのですが、今年のいちごが一番良い出来だと思っています。品種も今シーズンから15,000株を全て、身が大きくて味も良い「紅ほっぺ」の一種類に絞りました。当園こだわりの紅ほっぺをぜひ、たくさんの方に味わってもらいたいです!

もう、先に結論から言っちゃうと、原田いちごファームさんのいちご狩りはお世辞抜きで、全力でオススメしたいレベルです。ここ何年も原田さんのいちご狩りを取材させていただいてますが、原田さんご本人も仰るとおりに今年は史上最高のいちごが育っています。

いちご一粒一粒の大きさと甘さ、そしてジューシーさに感動しますよ!

あと、この日の様子はYouTubeチャンネルでもご紹介していますので、ぜひ一緒にチェックしてみてくださいね♪

LINEのお友達登録でいちご狩りが100円引きに!

現在、原田いちごファームの 公式LINEをお友達登録して、その画面を見せるといちご狩りの入園料が100円引きになるキャンペーンを実施中です!例えば4人で訪れて全員お友達登録をすると400円の割引になりますよ!

原田いちごファームでいちご狩りを予約する際には、ぜひ公式LINEをお友達登録することをオススメします。

原田いちごファームの基本情報

基本情報
  • 住所: 〒669-1505 兵庫県三田市尼寺417
  • 開園期間:1月~5月末
  • 開園日:水曜日~日曜日、祝日
  • 開園時間:10:00~14:30(最終受付14:00)
  • 電話受付:9:00~15:00
  • 料金(平日):小学生以上:2,200円 3歳〜小学生未満:1,900円 1〜2歳:500円 乳児:無料
  • 料金(土日祝日):小学生以上:2,400円 3歳〜小学生未満:2,100円 1〜2歳:500円 乳児:無料
    ※いちご狩りは30分食べ放題
  • 電話番号:090-6986-2926
  • ホームページ: http://harada15.com/
  • SNS: LINE Instagram Twitter Facebook

「びよりポイント」を貯めてギフト券をゲットしよう♪

さんだびよりに地域のさまざまな情報を提供して「びよりポイント」を貯めよう!ポイントが貯まると「Amazonギフト券」がもらえますよ。

どんな些細なネタでもOKです!下記ページのフォームからお気軽に情報をお寄せくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次
閉じる