三田おでかけマップ無料プレゼント中です!

神戸ちぇりー亭 三田176号線店のシビ辛ラーメン最強タッグ!「シビ辛タンメン」と「シビ辛つけ麺」が1月から登場(PR)

スポンサーリンク

ガーデン&エクステリア 兵庫県三田市 かね庵2

この記事はさんだびよりを応援するガーデン&エクステリア「庭楽育 by かね庵」の提供でお送りします。

味噌や魚介の深い旨味と、ピリッとシビれる刺激的な辛さが贅沢に交じり合う、辛党のために生まれた究極の一杯がここに!

【神戸ちぇりー亭 三田176号線店】で、三田の寒〜い冬をホットにする旨辛な期間限定ラーメン「シビ辛タンメン」970円(税込)と、「シビ辛つけ麺」1,080円(税込)が、1月・2月の限定メニューとして登場していますよ♪

スポンサーリンク

目次

濃厚スープ×麻婆豆腐がバツグンの相性で、あなたもシビ辛の虜!神戸ちぇりー亭 三田176号線店の期間限定「シビ辛タンメン」と「シビ辛つけ麺」

  • 名称:神戸ちぇりー亭 三田176号線店 シビ辛タンメン、シビ辛つけ麺
  • 価格:シビ辛タンメン 970円(税込)、シビ辛つけ麺 1,080円(税込)
  • 販売期間:2024年1月1日(月)〜2月29日(木)
  • 住所:〒669-1527 兵庫県三田市中町18-1
  • 営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:30)
  • 定休日:不定休
  • TEL: 079-558-8258
  • SNS: Instagram

まずいただいたのは「シビ辛タンメン」(970円・税込)。濃厚な味噌ベースのスープの上から特製麻婆豆腐を豪快にトッピング!深いコクと山椒のピリッとしびれるような辛味とが合わさって、ガツンっとくる刺激的な旨味が味わえます。

あとこのスープ、白ごはんにぶっかけて「麻婆丼」的に食べても、間違いなくウマいだろうなぁ♪

コシのある食感で、ツルッツルの艶やかな喉越しが心地いい太麺にも、シビ辛な味噌スープはバツグンの相性!やっべ、これはハマるわ。

ちなみに辛さは「ノーマル」のほかに、「辛」(+100円)と「激辛」(+200円)の、3段階から選べますよ。個人的にはノーマルでも十分な辛さを堪能することができましたが、辛党の人はぜひ、その上のレベルにチャレンジしてみて。

そしてもう一つの期間限定ラーメンが、こちらの「シビ辛つけ麺」(1,080円・税込)!見た目からしてもう、ヤバいぐらいにおいしそうなんですけど……(笑)

モチモチ食感のつけ麺用太麺の上には、スープをまろやかに味変できる温泉卵と旨みアップの肉味噌が。ちなみに麺の量は200gと大盛りの300gから選べて、なんとお値段はどちらも一緒なんです!

300gなんて食べちゃったらもう、腹パンになること間違いなしでしょう(笑)

つけ麺のスープは先ほどのタンメンの味噌ベースとは違い、ちぇりー亭のいつものつけ麺でも使用されている魚介ベースのスープに、麻婆豆腐の辛味が加わっています。

魚介ダシの効いたスッキリとしたコクに、辛味が見事にマッチング!同じ「シビ辛」でも、味わいがまったく別物なのが素晴らしいなぁ……。

さらに、極太で抜群の食べ応えのチャーシューはぜひ、スープにダイブさせてから味わってみて!そのままでも肉感たっぷりの旨味がありますが、さらにスープの旨辛な風味がプラスされて、「ヤバすぎるチャーシュー」が完成します。

汗をかいて「ヒーヒー」言いながらもついついあと引く、ピリッとしびれる辛さと旨味たっぷりの「シビ辛タンメン」と「シビ辛つけ麺」。いずれも1月と2月の2ヶ月限定メニューです。

どちらも甲乙つけがたいおいしさだったので、ぜひ両方とも食べてみて〜♪

山見編集長

この辛味と旨味との融合は、一度食べたら病みつきになるウマさですよ!あぁ、思い出したらまた食べたくなってきた(笑)

さんだびより、【投げ銭】はじめました
もしよろしければ、少額でもサポートいただけますと嬉しいです。今後の取材費や運営費として大切に活用させていただきます

活動費をサポートする!

※ ofuse(オフセ)という外部サイトが開きます。

「びよりポイント」を貯めてギフト券をゲットしよう♪

さんだびよりに地域のさまざまな情報を提供して「びよりポイント」を貯めよう!ポイントが貯まると「Amazonギフト券」がもらえますよ。

どんな些細なネタでもOKです!下記ページのフォームからお気軽に情報をお寄せくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次