さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

【TRIAL(トライアル)三田店】圧倒的な品揃えの24時間営業スーパーセンターができたよ!

S-HOUSE PHOTO STUDIO

2019年7月10日(水)、三田市ゆりのき台3丁目に「スーパーセンターTRIAL(トライアル)三田店」がオープンしました!

スーパーマーケットとホームセンターがひとつになった「スーパーセンター」という業態で、衣・食・住にまつわるさまざまな商品をリーズナブルな価格でかつ、ワンストップ(ひとつのお店)で買い揃えることができるのが特徴です。

今回は、オープン時間の直前に店内に入らせてもらうことができたので、気になる店内の様子やお店の魅力などをご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

スーパーセンターTRIAL(トライアル)三田店の外観と周辺の様子

スーパーセンターTRIAL(トライアル)三田店は、ウッディタウンの一番北側にあたる、三田市ゆりのき台3丁目にあります。地図はコチラ。

三田幹線(県道720号)から関西学院大学方面に向かう側道に入って、ゆりのき台交差点のすぐそばに入口があります。駐車場はかなり広大で約350台の車が収容可能になっていますよ。

7月10日のオープン日は朝8:30からの開店だったのですが、平日の朝にもかかわらず直前には特売品を求めるお客さんの行列ができていました!オープン前から話題になっていたお店だけあって、やはりスゴい人気ですね。

毎日の生活に欠かせない食材の品揃えが豊富でリーズナブル!生鮮品と食料品の販売エリア

店内に入ってみると、スタッフさんが慌ただしく最終の品出し作業をされていました。まず目の前に広がったのは生鮮食料品のエリア。おおぉ、広くて明るくて見通しが良い!

開店直前のタイミングということもあると思いますが、陳列棚にならぶ食料品の種類と数がとにかく豊富です!ってかこのバナナ、けっこう安くないですか??

新鮮なお野菜も、棚から溢れんばかりの種類と量が並べられています。

通路も広々としているのでゆっくりと商品を探すこともできますし、移動やカートの往来もラクラクですね。

鮮魚コーナーも、地元の兵庫県産や北海道産などの魚介類がいっぱい!

お寿司も美味しそうなネタが、お値打ちの価格で揃っています!

お肉コーナーも真っ赤っ赤!充実の品揃えです。国産の豚こまぎれ肉や鶏もも肉が100gあたり79円って……めちゃ安いっ!!

生鮮品以外にも激安な商品がどんどん見つかりますよ。このカップ麺なんて1つ59円ですからね。しかも税込み!(笑)

そうそう、トライアルの価格表示はすべて税込み金額で表示してくれています。税抜きで表示するスーパーが多い中で、これはありがたい対応ですよね。

ドラッグコーナーや100均コーナーに家電や自転車まで!生活用品が何でも揃う

通常のスーパーであればここで終わりといったところですが、トライアルの店舗でいえばまだ半分のエリアが残っています!このドラッグコーナーも他店のドラッグストアと遜色ないくらいに、医薬品などが豊富に揃っています。

さらには、100円均一の日用品コーナーがあったり……

ペット用品のコーナーに、

寝具のコーナー、

衣料品のコーナーまであったりして、ホントに何でも揃っているなーといった感じです!

ほかにもキャンプ用品や自転車なんかも置いてあるのですが、さらにビックリしたのが釣り用品!こんなものまで売ってるのかっ!

そして極めつけは、この家電製品コーナーでしょう!いやーお肉と液晶テレビを一緒のカートに入れて買える時代が来るだなんて……(笑)

トライアルのプリペイドカードを作るとさらにおトクにお買い物ができる

レジは、お客さん自身が商品バーコードの読み取りを行う「セルフレジ」と、スタッフがレジ作業をして精算はレジ横の精算機で行う「セミセルフレジ」の2種類があります。

精算方法は「現金」と「プリペイドカード」と「ポイント支払い」がありますが、現金よりもプリペイドカードを使ったほうがポイントがたまっておトクですよ!(3,000円以上の買い物でクレジットカードも使えますが、トライアルのポイントはたまりません。)

ちなみに、トライアルのプリペイドカードを作るには、レジの横にあるサービスカウンターで、

専用の端末を使って必要な情報を入力するだけで、簡単に即時発行することができます。ちなみにトライアルのプリペイドカードを使うと……

  • 1,000円のチャージごとに5ポイントがたまる
  • 200円(税別)を使うごとに1ポイントがたまる

と、ダブルでポイントがたまる高還元率!たとえばプリペイドカードに1,000円分をチャージしてその1,000円分を使えば、9ポイントまでたまるということになりますね。

ということで、わたしもプリペイドカードを作ってみました(笑) 入会金や年会費も無料なので、作っておいても損はないですよ。

毎日使うものが安く揃えば、日々の生活が豊かになる

店内を一通りぐるっと回ったところで、スーパーセンタートライアル三田店ストアマネージャーの山本章太さんと、エリアマネージャーの貞兼彰輝さんにお話を伺ってきました!まずはおすすめの商品を伺ってみたところ……

こちらの「フローリングシート」をご紹介いただきました。この商品はメーカー品と比較して価格はおおよそ1/4程度にまで抑えられているそうです。でも品質に関してはメーカー品とまったく遜色ない。

このように、日々の生活に密着した日用品で価格がグンと抑えられている商品が他にもたくさんあるそうなので、宝探しのように店内をまわってみると楽しいと思いますよ。

あと、最近では24時間営業のスーパーなどが減っていっている中で、トライアルの24時間営業に対するスタンスも聞いてきました。

深夜のお客さんの少ない時間帯には品出しや売り場のメンテナンスを重点的に行っていて、1日を通しての作業サイクルを考えるとむしろ、24時間営業の方が効率がいいそうです。

あと、深夜スタッフの確保が難しい問題については、セルフレジやセミセルフレジの導入をはじめ、売上数や在庫数の確認や発注作業など店舗で行う業務のすべてが手元で簡単に処理できる「PACER」(ペーサー)という端末を使ったりと、システムで補っているそうです。

快適な買い物ができる売り場作りの裏では、さまざまな企業努力や工夫があるんですね。山本さん、貞兼さん、興味深いお話を聞かせていただきありがとうございました!

さいごに

TRIAL(トライアル)三田店に行ってみて感じたのは「明るくて広い売り場」と「品揃えの豊富さ」、そして「お買い得の商品が多い」ということ。

あとは、これだけの規模のお店が24時間営業をしているというのも、利用する側にとってはホントありがたい限りですよね。

スーパーマーケットとホームセンターがひとつになった「スーパーセンター」という、これまで三田にはなかった業態の店舗です。毎日のお買い物が楽しみになるような店舗がまたひとつ誕生しましたね!

スーパーセンターTRIAL(トライアル)三田店の基本情報

※当記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接、スーパーセンターTRIAL(トライアル)三田店へお問い合わせください。
※当記事で使用している写真の無断掲載・使用を禁止いたします。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今日初めてトライアルに行ってきました。
    食料品にはクレジットが使えなくて残念でした。
    サービスカウンターのレジでそう言われ、泣く泣く
    かごにたくさん集めた食品を戻すはめに。。
    戻し終わって雑貨のみを持って再びレジへ行くと
    いい忘れましたが、クレジットは3000円から使えると言われ、
    結局現金で支払いました( ;∀;)

    ここでプリペイドは作っておいて損はなして言葉を見てたので、会計後に作りました。
    そしたら、ポイントはクレジット支払いの場合はつきませんので。ってカードを作ったあとに言われました。
    先いっとくれと思いました

    プリペイドで支払いすればお得なんですね、
    もう行かないと思ってましたけど、
    また行ったときはちょっと賢く
    お買い物しようと思います。

    • 山見 ミツハル
      By 山見 ミツハル

      キャッシュレス化が進む今の時代で、3,000円以下のお買い物ではクレジットカードが使えないというのは、確かにちょっと残念ですよね。
      プリペイドカードのダブルポイントはトータルの還元率で考えると他と比較しても高めなので、トライアルで頻繁にお買い物をする方にはお得だと思います!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top