さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

子ども店長になって働く楽しさを体験しよう!こどもバルが10/14に開催

無垢材のオーダーメイド家具工房 MURACO(ムラコ)

三田のまちを飲み食べ歩く一大グルメイベント「三田バル」と同じ、2017年10月14日に開催される「こどもバル」。

三田市で活動を続けるママサークル「ミラクルウィッシュ」さんが、子どもたちに働く楽しさとお金の大切さを知ってほしいと、3年前から開催している人気の子ども向け体験イベントです。

回を重ねるごとに、趣向を凝らしたアイデアがどんどん形になっていく「こどもバル」ですが、今年は一体どんな内容になっているのでしょうか?

スポンサーリンク

さんだの子育て応援イベント「こどもバル」のチラシと内容

  • 会場:キッピ―モール6階 まちづくり協働センター(三田市駅前町2-1)
  • 開催日:2017年10月14日(土)
  • 開催時間:11:00~15:00
  • お問合せ先:ミラクルウィッシュ https://ameblo.jp/mwish2014/

こどもバルは、受付で「こどもバルチケット」を購入して、ワークショップやフリーマーケット、ゲームコーナーなどを回る「室内型縁日」のようなスタイルで楽しみます。

なお今年は、以下の10のブースが出店予定です。

三田アロマテラピー協会

サシェ作り(200円)
アロマクリーム作り(200円)
アロマグッズ販売

一般社団法人日本こども色彩協会

色水実験&スライム作り(200円)

Maison de CREER(メゾンドクレア)

カラフルバスソルト作り(500円)
カフェミナージュ®
縫わないふくさ
リボンなどの雑貨販売

mamacodo(ママコド)

リボンでスイーツレイ(100円)
こうもりブローチ(500円)
リボン雑貨・リボンヘアアクセサリー販売

カスミマーガレット

プチドーナツに簡単アイシング(100円)

Natural care salonもりのいるか

首肩周りお試しトークセン(10分500円)
こどももフミフミ脚マッサージ(10分500円)
ご希望箇所タイ古式マッサージ(15分1,000円)

ミラクルウィッシュ

ラーメンどんぶり作り(50円・カップラーメン容器持参でお一人1回無料)
フリーマーケット

湊川短期大学

学生によるゲームコーナー

生活協同組合コープこうべ

パンの販売

こどもバルもう一つのお楽しみは「子ども店長」体験ができる!

こどもバルでは、各ブースを盛り上げてくれる「子ども店長体験」がお楽しみの一つでしょう。事前の申し込みで選ばれた子ども店長さんは、サンバイザーとエプロンを身に着けて各ブースでお仕事します。

オリエンテーションを受け、各自目標を決めてから店長に就任。その後、それぞれのブースでお仕事を体験します。始めのほうは緊張で、表情が硬いお子さんもいるようです。

決められた時間の中で、大きな声を出してお客さんを呼び込んだり、道具や商品を手渡したり。子どもたちなりに一生懸命働くと、お給料がもらえます。

子ども店長体験が終わったら、もらったお給料を手に今度は自分たちで好きなブースを回ります。自分たちが頑張って働いたお給料で、自分の好きな体験ができるなんてきっと嬉しいでしょうね!

2017年10月14日(土)、こどもバルに参加してきました!

そしていよいよ、イベント当日!三田駅前キッピ―モール6階にある「三田市まちづくり協働センター」が会場です。

子ども店長の参加者は受付で名前を伝えて、参加費の500円を支払います。子ども店長の受け入れは3つの時間帯があったのですが、この回はほとんどが女の子でした。

受付の後、子ども店長を務めるためのオリエンテーションを受けます。どのお店で店長さんをするかはクジ引きで抽選。そのあと、各自の目標を紙に書いていきます。

サンバイザーとエプロンを受け取り、目標を書いた紙を名札ホルダーに入れて、エプロンに取り付ければ準備完了。いざ、各担当のお店に出勤です!

コチラは「ハンドメイドりんご」さんの雑貨と駄菓子販売コーナー。真剣な表情でスタッフさんの説明を熱心に聞く子ども店長さん。何とも頼もしいですね(笑)

コチラは湊川短期大学生による魚釣りゲームコーナー。手作りのカワイイお魚がいっぱいで、小さいお子さんに大人気でした。

そのお隣にあるのが「Natural care salonもりのいるか」さんのマッサージ屋さん。こどももフミフミ脚マッサージでは、自分の体重をうまく使って足の裏でフミフミしていましたよ!

コチラは「一般社団法人日本こども色彩協会」さんによる、色水実験&スライム作りコーナー。カラフルな色水を混ぜ合わせると、色がどんどん変わっていく様子に子どもたちは興味津々!

コチラは「カスミマーガレット」さんのアイシング体験ブース。プチドーナツに色とりどりのクリームでデコレーションしていくのですが、女の子やママさんで終始にぎわっていました。

お姉さんたちと嬉しそうにお話ししているのは、プラ板屋さんの子ども店長さん。このように、学生さんと子どもたちが一緒に触れ合えるのもめったにない機会なので、とても貴重な経験です。

そのお隣は「mamacodo(ママコド)」さんのワークショップ&雑貨販売コーナー。リボンで作るスイーツレイ作りや、こうもりブローチ作りができる以外にもかわいいリボン雑貨がいっぱいで、女の子やママさんは目をキラキラさせていましたよ。

お次は「三田アロマテラピー協会」さんによる、サシェ&アロマクリーム作りとアロマグッズ販売コーナー。スタッフさんに丁寧に教えてもらいながら、一生懸命頑張っている子ども店長さんの姿がとても印象的でした!

そのお向かいが「Maison de CREER(メゾンドクレア)」さんのカラフルバスソルト作り&雑貨販売コーナー。コチラは大人の方が足を止めてじっくり品定めされていました。

ここからは湊川短期大学の学生さんによるゲームコーナーのご紹介。コチラはスマートボールコーナー。

ボウリングコーナーでは、お兄さんが子ども店長さんをしっかりサポート。

サッカーゲームコーナーでも、お姉さんの優しいフォローでテキパキと働く子ども店長さん。

生活協同組合コープこうべ」さんでは、ご当地パンの神戸メロンパンとジュースのセットが100円で販売。飛ぶように売れていって店長さんも大忙し!

こどもバルの主催者「ミラクルウィッシュ」さんによるフリマコーナーは毎年人気のブース。不要になったおもちゃや服を集めるのも、ミラクルウィッシュさんの大切な活動の一つです。

コチラの「ラーメンどんぶり作り」コーナーで作ったラーメンは、11月4日(土)にウッディタウン市民センターで開かれる「あきらちゃん&ジャンプくんの遊び歌コンサート」でも使えるそうですよ♪

さいごに

実は、わたしの息子二人も子ども店長さんとして働かせていただいたのですが、お店で働く⇒お給料(こどもバルチケット)をもらう⇒お給料を使って遊ぶという体験は、子どもたちにとっても自信につながる経験になったんじゃないかな~と思っています。

短い時間ではありましたが、一人ひとりの個性や頑張り、笑顔をいっぱい見ることができて、子どもたちの成長を感じる貴重な時間でした。ちなみに次回は2018年4月29日に開催予定とのことです。ぜひお楽しみに♪

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top