「SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021」が1月11日(月祝)に開催

スポンサーリンク

原田いちごファームのいちご狩り

2021年1月11日(月祝)に三田市総合文化センター 郷の音ホール小ホールにて、クラシックコンサートの「SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021」が開催されますよ!

昨年の2020年に選出された第5期「SATONONE レジデンシャルアーティスト」の3名に加え、三田市立狭間中学校に通う実力派の現役中学生フルート奏者がゲスト参加。2021年のスタートを飾るにふさわしい、三田を代表するアーティストたちの上質な演奏が楽しめそうですね♪

スポンサーリンク

目次

SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021の概要

コンサート概要
  • 開催日時:2021年1月11日(月祝) 【開場】13:30 【開演】14:30
  • 会場:三田市総合文化センター 郷の音ホール
  • 料金(自由席/税込):【一般】1,000円 【Sato-Netくらぶ】900円 【高校生以下】500円
  • 出演アーティスト:梅北 千香(ソプラノ)、須清 智子(マリンバ)、山本 聡美(クラリネット)、河合 美波(フルート)
  • ホームページ: http://sanda-bunka.jp/event/detail/1677/
  • お問い合わせ:079-559-8101 (郷の音ホールチケットセンター)

「SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021」は、郷の音ホールで開催される2021年最初の大規模クラシックコンサートで、昨年の2020年に選ばれた第5期「SATONONE レジデンシャルアーティスト」の3名が出演されます。

第5期「SATONONE レジデンシャルアーティスト」

  • 梅北 千香さん(ソプラノ)
  • 須清 智子さん(マリンバ)
  • 山本 聡美さん(クラリネット)

ちなみに「SATONONE レジデンシャルアーティスト」とは、三田市及び隣接地域にお住まいか、またはゆかりのある演奏家を三田市民みんなで応援しよう!という趣旨で、郷の音ホールの主催により立ち上げたプロジェクト。郷の音ホールでの演奏をメインに、地域での演奏会などの音楽活動をバックアップしています。

なお、さんだびよりでは昨年の2020年7月4日開催された「SATONONE レジデンシャルアーティスト2020 お披露目コンサート 」の様子をYouTubeにアップしています!3人の演奏を事前にチェックしてみたいという方は、ぜひこちらの動画も併せてご覧になってみてください。

そして今回のコンサートではレジデンシャルアーティストの3名に加え、三田市立狭間中学校に通う現役の女子中学生フルート奏者の「河合 美波」さんがゲストとして参加。それぞれ、以下の楽曲の演奏が予定されていますよ。

SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021のプログラム

  • 梅北 千香さん
    歌劇「道化師」より“大空を晴れやかに(鳥の歌)” R.レオンカヴァッロ作曲
  • 須清 智子さん
    マリンバ小協奏曲 P.クレストン作曲
  • 山本 聡美さん
    クラリネットとピアノの為のソナタ L.バーンスタイン作曲
  • 河合 美波さん
    春の海 宮城道雄作曲

ほか

さいごに

2021年のスタートを飾るにふさわしい、三田市を代表するアーティストによるクラシックコンサートの「SATONONE レジデンシャルアーティスト ニューイヤーコンサート2021」。4人それぞれの演奏も非常に楽しみですが、全員が揃った時にどのような心地よいハーモニーが奏でられるのか、想像しただけでもワクワクしますね♪

残りのチケットもあとわずかということなので、気になっている方はお早めにどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次
閉じる