三田おでかけマップ無料プレゼント中です!

「SATONONE レジデンシャル・アーティスト 2023 お披露目コンサート」が8月11日(金祝)に開催【PR】

スポンサーリンク

神戸三田でいちご狩りなら原田いちごファームへk

この記事はさんだびよりを応援するいちご農園「原田いちごファーム」の提供でお送りします。

三田市や近隣地域にゆかりのある演奏家を市民みんなで応援するプロジェクト「郷の音ホール アーティスト・イン・レジデンス」の6期目となる、3組のアーティストが決定!

彼らのデビューコンサート「SATONONE レジデンシャル・アーティスト 2023 お披露目コンサート」が、2023年8月11日(金祝)に「三田市総合文化センター 郷の音ホール 小ホール」で開催されますよ♪

スポンサーリンク

さんだびより、【投げ銭】はじめました
もしよろしければ、少額でもサポートいただけますと嬉しいです。今後の取材費や運営費として大切に活用させていただきます

活動費をサポートする!

※ ofuse(オフセ)という外部サイトが開きます。

目次

SATONONE レジデンシャル・アーティスト 2023 お披露目コンサート」の概要

イベント概要
  • 開催日:2023年8月11日(金祝)
  • 開催時間:【開場】13:30 【開演】14:00
  • 会場:三田市総合文化センター 郷の音ホール 小ホール
  • 料金:一般1,000円 友の会無料(2枚まで・要整理券)3枚目以降800円

2011年からスタートして今年で12年目を迎える、地元三田にゆかりのある若き演奏家を三田市民みんなで応援しよう!というプロジェクトの「郷の音ホール アーティスト・イン・レジデンス」。

2023年4月に、6期目となる3組のアーティストたちが新たに決定し!「SATONONE レジデンシャル・アーティスト」のお披露目コンサートが開催される運びとなりました♪

ちなみに今回、選出された3組のアーティストのプロフィールは、以下の通りです。

大熊 勇希(Yuki Okuma)

10歳よりチェロを始める。
ゆりのき台中学校、三田祥雲館高校卒業。
京都市立芸術大学卒業。チューリッヒ芸術大学大学院修了。
鈴木秀美氏マスタークラス受講、第2回いかるが音楽コンクール(現:あおによし音楽コンクール)音大生の部1位。 大阪国際コンクール入選。第31回 日本クラシック音楽コンクール 全国大会 室内楽部門にて 第4位入賞(最高位)
樫本大進プロデュース「ル・ポン音楽祭」のプレコンサートに出演。2017年スイス・ビエンヌ国際夏季音楽アカデミーで、 ウェン=シン・ヤン氏のマスタークラスを受講。
留学中、ZHdK Stringsメンバーとしてスイス、イタリア、アイスランドで演奏会を行う。 NHK番組うたコン(大阪放送の回)に生出演中。
2021年2月今福音楽堂、2022年10月三田市総合文化センター郷の音ホールにてピアニスト北村明日人氏とリサイタルを行う。2023年6月西宮交響楽団第118回定期演奏会にてエルガー作曲チェロ協奏曲のソリストとして兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールにて共演。
これまでに、故杉山實、佐野有紀、林口眞也、上村昇、上森祥平に師事。チューリッヒ芸術大学にて、Martina Schucan、バロックチェロをMartin Zellerの各氏に師事。
現在関西を中心にオーケストラの客演や演奏活動、指導を行う。
ひばり音楽教室、今福音楽寺子屋チェロ講師。御影高校弦楽部コーチ。

Fika(フィーカ)

2022年結成。グループ名はスウェーデン語の「コーヒー」に由来しほっと一息つく時間になれば、という想いから命名。「誰もが気軽に楽しめるような」を目指してコンサート作りをしている。演奏する季節、場所、お客様の層に合わせ多彩なジャンルから選曲。
三田愛に溢れ心を優しく溶かす癒しのピアニスト高橋陽子(三田市出身)と、三田の自然と人の温かさに惚れ込んだエスプレッシーヴォなヴァイオリニスト永野綾華(神戸市出身)とが生み出す息のあったハーモニーが魅力。
第71回市庁舎コンサートに出演、昨年末に第1回Fikaワンコインコンサートを開催。今年度も三田音楽家連盟「音の宝石箱vol.20」、Fika第2&3回コンサートの開催も決定している。

永野 綾華(ヴァイオリン)
6歳よりヴァイオリンを始め、兵庫県立西宮高等学校音楽科、大阪教育大学卒業。これまでに、クラシックを山本彰、故東儀幸、稲垣琢磨、ポップスを中西俊博の各氏に師事。東京を中心に活動している「ジュンマキ堂とニューパラダイスチンドン」のアルバム『DREAM EAR』にゲスト参加、神戸・東京で開催されたライブにも出演。

高橋 陽子(ピアノ)
三田市出身、三田市在住。大阪教育大学芸術専攻音楽コース卒業。同大学院芸術文化専攻音楽表現コース修了。
これまでにピアノを門田成夫、河江優、志賀美津夫の各氏に師事。 現在、三田少年少女合唱団、りそな合唱団、“円”女声ハーモニーピアニスト。甲南女子大学サポート講師。三田音楽家連盟会員。高橋ピアノ教室を開講中。

松島 健梧(Kengo Matsusima)

神戸市出身。中学校入学と同時に吹奏楽部でチューバを始める。大阪音楽大学卒業後現在はフリーランスのチューバ奏者としてオーケストラ、吹奏楽、室内楽での演奏及び指導者として西日本を中心に活動している。
ITEC2012リンツ大会に参加、メインステージでの演奏及び野外ゲリラライブに出演。第17回ブルクハルト国際音楽コンクール入賞。第45回堺市新人演奏会オーディションに金管5重奏で合格。
King’s Gambit Wind Orchestra第5回Your Concertにて八木澤教司作曲「Tuba Concerto」のソリストを務める。
2019年及び2020年リサイタル開催。2022年には自主企画「ピアノ、ホルン、チューバによるトリオコンサート」を開催、いずれも多くのご来場と好評を博す。
また指導者として神戸市部活動指導員、寝屋川市部活動外部指導者を始め多くの中学校、高等学校及び団体でチューバの指導と合奏の指導及び指揮を行っている。
チューバを武貞茂夫氏、室内楽を池田重一氏、木村寛仁氏の各氏に師事。
金管5重奏「Acoustic Jukebox」メンバー

SATONONE レジデンシャル・アーティストより引用

今回も、素晴らしい経歴の若きアーティストたちが選ばれたようですね!チェロの大熊さんとチューバの松島さんが演奏されている動画をYouTubeで見つけることができたので、参考までにご紹介させていただきます。

3組それぞれの演奏が生で聴けるのもすごく楽しみですが、全員が揃ったコラボ演奏なんかも、ぜひ期待したいところですね♪

チケットも既に販売がスタートしています。三田にゆかりのあるアーティストたちのフレッシュな演奏をぜひ「SATONONE レジデンシャル・アーティスト 2023 お披露目コンサート」で、楽しんでみてはいかがでしょうか?

山見編集長

郷の音ホール友の会」に入会すると、無料で鑑賞できるみたい!入会金はチケットの一般料金と同じ1,000円なので、これからも郷の音ホール開催のコンサートなどに行くつもりの方は、これを機に入会するのもアリかも♪

さんだびより、【投げ銭】はじめました
もしよろしければ、少額でもサポートいただけますと嬉しいです。今後の取材費や運営費として大切に活用させていただきます

活動費をサポートする!

※ ofuse(オフセ)という外部サイトが開きます。

「びよりポイント」を貯めてギフト券をゲットしよう♪

さんだびよりに地域のさまざまな情報を提供して「びよりポイント」を貯めよう!ポイントが貯まると「Amazonギフト券」がもらえますよ。

どんな些細なネタでもOKです!下記ページのフォームからお気軽に情報をお寄せくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さんだびよりの編集長やってます。三田には美味しいご飯が食べられるお店が多いので、なかなかダイエットできません(笑)
地域の笑顔を繋げるために、今日も三田市内のどこかを奔走中!

スポンサーリンク

目次