さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

第26回三田国際マスターズマラソンへの参加募集が開始されていますよ!

第26回三田国際マスターズマラソンのポスター

エムクラスガーデンのかき小屋百祥

師走の三田を彩る、今年で26回目を数える毎年恒例の三田市主催マラソンイベント「三田国際マスターズマラソン」。今年の2014年は、12月21日に開催が予定されています。参加募集は、もうすでに開始されていますよ!

スポンサーリンク

「第26回三田国際マスターズマラソン」の開催要項

■ 日時
・2014年12月21日(日) 雨天決行
・受付/午前8時~9時30分 開会式/午前9時40分~ スタート/午前10時30分

■ 会場
兵庫県立有馬高等学校グラウンド

■ コース
三田ハーフマラソンコース(21.0975km)(日本陸上競技連盟公認コース)
*ただし、公認大会ではありません。公認記録にはなりませんのでご留意ください。

■ 参加資格
男女18歳以上(高校生は除く)で、心疾患および脳血管疾患等の持病がなく、
2時間30分以内で完走できる健康な人
*健康状態に不安のある人はエントリーをご遠慮ください。

■ 制限時間
10.4km地点:1時間10分、18.3km地点:2時間10分、ゴール:2時間30分
(関門閉鎖後の走行は認めません。)

■ 募集人数
先着5,500名(定員を超えた場合は手数料を差し引いた額を返金します。)

■ 参加料
3,500円(日本マスターズ陸連登録者は 3,000円)

■ 申込開始
2014年 8月20日(水) 

■ 申込締切
★インターネット:2014年 9月30日(火)  ★郵便振替:2014年 9月12日(金)
*当日参加は受付いたしません。

(三田国際マスターズマラソン公式サイトより抜粋)

8月20日から申し込みがすでに始まっていたんですね。ちなみに申込方法は、公式サイトにも案内があるように、「インターネット」もしくは、「郵便振替」の2通りの方法になります。

有名な市民参加型のフルマラソンは、参加費が1万円を超えるなんてことも珍しくないのですが、三田国際マスターズマラソンは、リーズナブルな参加料がうれしいですね。距離もハーフの21kmほどですので、初めての方でも参加しやすい大会ではないでしょうか。

ではそのハーフのコースを、Google Mapでも見てみましょうか。


より大きな地図で [フル12月] 三田国際マスターズマラソン を表示

 
コース概要としては……

  • (1) 有馬高校前をスタート!県道141号の黒石線をずっと北上し、JR相野駅の手前で折り返す。
  • (2) 溝口交差点まで戻り、右折してテクノパークに入り、テクノパーク前の交差点を左折。
  • (3) 県道720号のテクノパーク三田線(三田幹線)を進み、ゆりのき台6丁目を右折。
  • (4) ウッディータウンの外周道路に入り、中央公園前まで進んで右折。
  • (5) 三田市民病院前の坂を下り、ウッディータウン東口交差点を右折。
  • (6) 再び県道141号の黒石線に戻り、スタート地点の有馬高校前まで戻ってゴール!

というコースですね。わたしはこのマラソンに参加したことはありませんが、ちょうどコース中盤辺りの、(3)のテクノパークの上り坂と、(4)のテクノパーク三田線(三田幹線)のアップダウンが、かなりキツいんじゃないかなぁ、という印象ですね。

今年のゲストランナー

ゲストランナーの「なかやまきんに君」
三田国際マスターズマラソンでは、毎年ゲストランナーを招待しているようです。今年のゲストランナーは、筋肉芸人でお馴染みの「なかやまきんに君」です!

あれほどのムキムキな筋肉は、マラソンには向かないんじゃないかなぁ、と思いましたが、「オールスター感謝祭 赤坂5丁目ミニマラソン」で優勝した経験があるんですねー。

過去のゲストランナー

過去の大会で招待されたゲストランナーは以下の方々。

  • 2013年大会:水野 裕子さん
  • 2012年大会:松野 明美さん
  • 2011年大会:エリック・ワイナイナ さん
  • 2010年大会:森脇 健児さん、かみじょう たけしさん、代走 みつくにさん

元マラソンランナーや、スポーツ自慢のタレント、芸人さんという流れですね。ちなみに、去年のゲストランナーである水野裕子さんは、完走証をもらったことをTwitterでツイートしていましたよ。

さいごに

そんな「三田国際マスターズマラソン」ですが、さきほど公式サイトを確認すると、な、なんと…

申込者数が9月3日現在、3,000人を超えました。

との告知がありました!スゴいですねー。もう募集人数定員の半分以上に達しているようです。申し込み締め切りは今月いっぱいまでとなっていますが、このペースであれば、それまでに間違いなく定員に達しそうですね。参加を考えている方は、お早めのエントリーを!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top