さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWEBメディア

串で味わう肉の旨み。やきとり鳥蔵(とりくら)のマルセ牛串が絶品すぎる!

torikura-22

mid-banner-ami

三田市三輪の交差点にあるクロスプラザ三輪の1Fにオープンした「やきとり鳥蔵」(とりくら)さんにお邪魔してきました。焼き鳥をはじめとした鳥料理はもちろん、三田マルセ牛を使った牛串は、思わず唸ってしまうほどの肉の旨味が味わえちゃいますよ!

やきとり鳥蔵の外観とその周辺の様子

torikura-01
やきとり鳥蔵さんは2015年8月24日にオープンしたということで、まだオープンしたてホヤホヤのお店です。古い木造建てのような入り口が、いい雰囲気出してます。

torikura-02
すぐそこには、三輪の交差点があります。JR三田駅からは徒歩10分くらいといったところでしょうか。駅から歩いて来られない距離ではないですが、お酒を飲まないドライバーさんと一緒に訪れるのがベターかも。

やきとり鳥蔵の店内の様子

torikura-03
店内も木のぬくもりを感じる落ち着いた雰囲気です。座席はテーブル席とカウンター席を合わせて、36席が用意されています。

torikura-05
ん、なんだ、あの存在感バツグンの大筒は…?

torikura-06
円卓の個室になっていました。ちょっと写真に収めきれませんでしたが、天井部分が網目のようになっているのできっと、七輪をイメージしているんでしょうね。七輪の中に入って焼き鳥が食べられるなんて、三田中を探してもココだけでしょう。

torikura-07
カウンター席には、ソファーが置かれています。若いカップルなんかにはピッタリですね。

torikura-08
焼き鳥などの串料理意外にも、揚げ物、サラダなども充実しています。そしてなんといってもおすすめなのが、地元三田市のブランド牛「三田マルセ牛」を使った牛串です。お値段はちょっと高くなりますが、ここに来たら絶対に味わって欲しい一品ですね。

torikura-09
その他、一品料理やシメの丼物・ご飯物もあります。今回は食べられませんでしたが、「マルセ牛肉巻きおにぎり」はメッチャ気になる存在。

torikura-10
ドリンクもバラエティに富んでいます。ソフトドリンクの種類が多いのは、お酒の飲めない方やお子さん連れにはうれしいポイントですね。

torikura-11
このように厨房部分の一部がガラス張りになっているので、焼き鳥を焼いている様子も見ることができます。高火力で赤外線の多い炭火焼きは、やっぱり迫力がありますね。これで旨味も逃しませんよ。

一品料理はどれもクオリティ高し!

torikura-12
そんなこんなで店内をウロついているあいだに、おすすめの一品料理が運ばれてきました。まずは「せせりのわさびポン酢」です。せせりのコリコリとした歯ごたえとわさびポン酢のサッパリとした味わいが最高に合います。

torikura-13
んーウマい。食べれば食べるほど食欲が湧いてきます。お店の方に聞くとやはり、リピーターも多い人気メニューなんだとか。

torikura-14
みんな大好き「鶏の唐揚げ」です。やっぱりこいつは外せないですよね。ジューシーでちょうどいい揚げ具合でした。

torikura-15
おすすめサラダの「フレッシュトマトのクリームチーズ添え」です。フレッシュトマトのサッパリとした酸味とコク深いクリームチーズは、これまたバツグンに合います。ヤバい、どの一品料理もハズレなくウマい。

torikura-16
そんな料理たちに合うのがコレ、「カンパリソーダ」でしょう。現在、三田が真っ赤に染まっている社会貢献型飲み歩きイベント「カンパリダービー」が開催中(2015年9月4日〜10月5日)で、やきとり鳥蔵さんもイベント参加店のひとつなんです。

焼き鳥の「ココロ」に心奪われる

torikura-17
続いて、おすすめの焼き鳥ですね。右手前から「ココロ」、「せせり」、「砂ずり」の3本です。

torikura-18
あのですね、個人的にはこの「ココロ」が超おすすめです。ココロに心奪われました。やわらかくてプリップリの食感が、もーたまりません。何本でもいけます。

torikura-19
「せせり」は先ほどのわさびポン酢とはまた味わいが違うけど、これまた柔らかい。「砂ずり」もコリコリとした食感とあっさりとした味わいでイイですね。

「マルセ牛バラ串」は串で味わう極上ステーキ

torikura-20
そして、やきとり鳥蔵さん一番のおすすめメニューでもある、マルセ牛を使った牛串です。まずこちらは「マルセ牛ぶりすけ巻」です。首から肩にかけての部位にあるバラ肉「ぶりすけ」で、エノキを巻いています、

見た目からはあまり想像できないかもしれませんが、ジューシーな牛肉の脂とタレとが絶妙に相まった、脂の旨味を楽しむといった感じの一串。

torikura-21
そしてこちらが、「マルセ牛バラ串」です。絶妙な加減の塩コショウが振られていて、パッと見ただけでウマそうです。

torikura-22
こいつがもう、ほんとヤバかったです。噛みしめるほどに肉の旨味が溢れ出る感じで、思わず唸ってしまいました。まさに「串で味わう極上ステーキ」です。

torikura-23
そして牛肉のお供にはやっぱり、「生ビール」ですよね。旨味を感じながら肉をじっくりと噛み締め、生ビールで流し込む。そこにはもう、野暮な言葉なんて不要です。

イキイキとした爽やかな瞳の店長、井上賢人(イノケン)さん

torikura-24

ひとつひとつの料理のクオリティがとても高い、「やきとり鳥蔵」。さぞかし職人気質で、ちょっと近寄りがたいようなビジュアルの店長さんなのかなと思いきや、意外や意外。店長のイノケンこと井上賢人さんは、とても爽やかな好青年でした。

torikura-25

「わたしのことを店長と思っているお客さんは、少ないかもしれませんね。(笑)」とは、本人談。うん、確かに若く見える…。

そう言われると気になっちゃうので、失礼ながら年齢を聞いてみたところ…なんと、今年で24歳なんだとか!いやー若い。

やきとり鳥蔵で店長になる前は、三木や小野でおおよそ5年間、店舗スタッフとして働いていたそうです。そしてそのころ、今のオーナーさんに「お店をやりたいと思っているんだけど、店長やってみーへんか?」と、声をかけてもらったんだそうです。

「この歳で店長なんて…。」と、その時はかなり迷ったそうです。でもせっかくのチャンス、ここはチャレンジするしか無い!と男らしく腹をくくって、今の店長になったんだとか。

未来の成功を夢見て、今をがむしゃらに励んでいる24歳の青年の瞳は、イキイキと輝いていました。

さいごに。今回の取材、実は…

やきとり鳥蔵(とりくら)の焼き鳥「ココロ」と、牛串の「マルセ牛バラ串」。これにはちょっとハマりそうですね。リピートしたくなる美味しさなので、次も必ず食べたいと思います。その時は「マルセ牛肉巻きおにぎり」も一緒に。

そして余談になりますが、わたしは普段、基本的には一人で記事のネタ探しやお店の取材に奔走しています。ですが今回、実はある人と2人で、共同取材をさせていただきました。そのある人とは…

torikura-26

カメラを構えるサイドショットがキマっていますね。この彼こそ、三田の情報を発信しているキュレーションサイト「Sanda no Koto」の代表、古家良和さんです!

Sanda no Koto」さんでも早速、取材記事をアップされていますよ!ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

torikura-28

今、三田で一番勢いのあるWEBメディアを運営している彼も、イノケン店長と同じ24歳。ファインダー越しにのぞく彼の視界にもきっと、三田の明るい未来が見えているはずです。

今後も、さんだ日和と「Sanda no Koto」は、面白いメディアコラボレーションを企画中です。どうぞご期待ください!

やきとり鳥蔵の店舗情報

torikura-27

お隣にある「Darts & Bar THUNDER」(サンダー)もおすすめ!

焼き鳥でお腹がいっぱいになったら、お隣にあるダーツバー「Darts & Bar THUNDER」でダーツなんていかがですか?初心者でも十分に楽しめますよ!

thunder-04

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 串で味わう肉の旨み。やきとり鳥蔵(とりくら)のマルセ牛串が絶品すぎる! http://www.sandabiyori.com/torikura/ […]

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top