さんだ日和 - 三田がもっと楽しくなるWebメディア

【第5回 三田市三十路式】やっぱり三田が好きな30歳が集まって地元の魅力を再発見!

さんだ日和 動画部

2019年2月10日(日)、三田市けやき台にあるザ・セレクトンプレミア 神戸三田ホテル(旧・三田ホテル)で、三田市にゆかりのある30歳の大同窓会、第5回「三田市三十路式」が開催されました。

チーム対抗クイズやNo.1コンテストにプレゼント抽選会といった企画を楽しみながら、旧友との再会や新たなつながりを生み出すという本質的な部分を重視した、笑顔とおしゃべりの絶えない賑やかなイベントでしたよ!

スポンサーリンク

第5回「三田市三十路式」の概要

今回で5回目の開催となった「三田市三十路式」。ひとつの地域でこれだけ継続して三十路式が開催されているのは、全国的にも珍しいそうです。三田市の30歳の地元愛の強さを裏付けているような気がしますね。

ちなみに三十路式とは、成人してから10年が経った区切りにあらためて原点に立ち返り、旧友との再会や新たなつながりを創造しようという、30歳の成人式です。さらには地元の魅力を再認識し、地元を盛り上げていこう!というキッカケづくりの側面もあります。

なお、過去に開催れた三田市三十路式の様子は、以下の記事でご紹介していますよ。ご興味がありましたらぜひご覧くださいね。

第5回「三田市三十路式」の会場は3年ぶりの三田ホテル

今年の会場になったのは、三田市けやき台にある「ザ・セレクトンプレミア 神戸三田ホテル」(旧・三田ホテル)さんの3Fにある宴会場「花の間」です。ここで三十路式が開催されるのは第2回以来ですから、3年ぶりということになりますね。

午前10時から受付がスタート。30歳の皆さんが続々と集まってきます。おそらくこの最初の受付が一番ドキドキするんですよね(笑) ちょっとした緊張感と知ってる顔を見つけたときの安堵感とが入り混じって、徐々にテンションが上っていきます。

第一部は30歳の節目を祝う式典

式典が始まる11時に近づいてきたので、会場に入ってきました。すでにもう多くの人たちが集まっています。ちなみに今回の三十路式も二部構成になっていて、一部は三十路式の式典。そして二部は祝宴という流れです。

そしてお待ちかねの式典がスタート!まずは第5回三田市三十路式実行委員長の熊畑真嘉さんによる開会のあいさつがありました。

「三十路式をきっかけに三田市への地元愛を再認識していただきたいと思っています。一生に一度しかない三十路式を盛大に祝いましょう!」

つづいて森哲男三田市長からの祝辞。

「30歳という節目に、学生時代に共に学んだ友人たちと会うというのはとても意味のあること。私の時代にはこのような機会はありませんでした。今後もぜひ社会やご家族のために、そして三田のために頑張っていってください」

つぎに厚地弘行三田市議会議員議長からの祝辞

「30代というのは、一つの大きな転機が訪れる年代です。人生は人脈や人付き合いがあるといろいろなことができるようになるので、今日は懐かしい友だちと楽しく過ごすと共に新しい出会いを見つけてください」

参加者全員による記念撮影で、第一部の式典が締めくくられました。30歳の節目を祝う素晴らしい記念の1枚になりましたね。

三十路式の醍醐味!お楽しみの第二部がスタート

その後、会場は第二部の準備のための中休憩タイムへ。パーティー用のセッティングと共に美味しそうなお料理がぞくぞくと運ばれてきました。さすがは神戸三田ホテルさん、豪華で映えるお料理ばかりじゃないですか!

会場のセッティングも完了し、いよいよお待ちかねの第二部のスタートです。さぁ、いっぱい飲んで食べてしゃべりまくるぜー!カンパーイ!!

とにかく記念撮影をお願いしてみた!

ここからはお料理を楽しみながらの歓談タイムということで、毎年恒例(?)の記念撮影をいろんな方にお願いしてみました!今年はなんとか全テーブルをまわれたんじゃないかなー?もし撮らせてもらってない方がいたらごめんなさい(笑)

快く撮影をOKしてくださっただけでなく、とってもステキな笑顔で撮らせていただけました。皆さん本当にありがとうございます!

ええ~ちょっとちょっと!動画を撮られてるときのほうがなんだか皆さん楽しそうじゃないですかっ!なんだか嫉妬やわぁ(笑)

結果をみんなで予測!チーム対抗クイズ

そんなこんなでしばしの歓談のあと、お楽しみイベントのひとつ「チーム対抗クイズ」の時間がやってきましたよ。ここから司会進行を務めるのは昨年の三十路式に引き続き、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ「バブルズマンション」さん!

つかみの漫才のウケ具合は……ごっ、ご想像におまかせします。

さぁ、クイズですよクイズ!最初は二択の○×問題で、三田市にまつわるネタが出題されていきます。三田市のマークはカタカナの「サ」をベースにして作られているか?って、なんだか地味に難しいぞ……。

会場の全員が数名単位のグループになって、グループごとに○×を書いたテロップをあげていきます。

ちなみにこの問題の答えは「○」でした!ってか、この三田市マークのどこにカタカナの「サ」が入ってるのー??

「あっちゃ〜間違えた〜」わかります、その気持ち……。

つづいては、問題を実際にやってみてその結果が答えになる、その名も「実践クイズ」!最初の問題は、指定した人が何回「二重跳び」ができるか?というもの。みなさんまだまだ30歳で若いから、二重跳びぐらい余裕でしょー?

それなのに会場の答えは、なぜか「0回」を予想する人の多いこと多いこと(笑)

あまり期待されていないのがちょっと可哀相ですが、それでは張り切って跳んでもらいましょう!

せーのっ、いーっ……

バチッ。
コラコラ〜!ホンマに跳ばれへんのか〜い!!

このお約束的な結果に、会場は大爆笑の渦!

つづいての最終問題は、水の入った洗面器に顔をつけて何秒我慢できるか?というもの。これもなかなか予想が難しいですねー。

さすがに会場の答えもバラバラです。だいたい1分前後ぐらいの予想が多かったみたいですね。

挑戦されるのはこちらの男性。スポーツの経験が豊富ということで、さっきとは違って記録に期待が持てそうですよ!

それでは〜はじめっ!大丈夫かなぁ?またまたお約束で0秒ってことはないよなぁ……。

おおっ、出た!余裕のピースサイン!やっぱり今回は良い記録が出るんじゃないでしょうか。

1分経過ですっ!スゴ~い!でも大丈夫か……溺れてないですか〜??違う意味でちょっと心配になってきたぞ。

ブハァッ!
はいそこまで〜!お疲れ様でした。これはなかなか素晴らしい記録が出たようです!

記録はなんと……1分38秒!普通にスゴい記録じゃないですか。

一番予想が近かったグループには、景品のクオカードが贈られました。予想外の結果やベタな結果が飛び出して、とっても盛り上がりました〜!

30歳のNo.1が集結!コンテストの結果発表

つづいては、三田市の30歳の中から〇〇No.1を決めるコンテストの結果発表が行われました。まず最初は「男前の部」ベスト3の表彰から!確かに3人ともお洒落でシュッとしてるイケメンだわ!

お次は「美人の部」ベスト3の表彰!みなさん健康的な笑顔でお美しいです……。

つづいて「面白い人の部」ベスト3の表彰……と思いきや、うち2名が会場にいない!ということで、ベスト1のみの表彰になりました。さすがは面白い人に選ばれるだけあって、持ってますよね〜(笑)

最後に各部門のNo.1の3ショットで、表彰式は終了となりました。やっぱりNo.1が3人揃うとオーラがあって華やかですよね!

豪華景品が当たる!大抽選会

つづいてのイベントは、豪華景品の当たる大抽選会!受付のときに手渡された番号を呼ばれたら、さまざまな景品が当たるというものでした。

フライパンセットやコーヒーメーカー、空気清浄機などの豪華景品がたくさん用意されていた中でも、一番豪華だったのが東京ディズニーリゾートのペアチケット!見事こちらの女性がゲットされていましたよ。ひゃぁ〜うらやましい!

三十路式を締めくくる「エンドロール」で閉幕

楽しかった三十路式の最後を飾るのは、もはや三十路式には欠かせないコンテンツとなった「エンドロール」の上映です!今回も「tokiograph」(トキオグラフ)さんが、この日に撮影した動画や写真をその場で編集されていましたよ。

みなさん、手持ちのスマホで頑張ってエンドロールを撮影されていますが……

YouTubeにエンドロールがアップされていますので、三十路式に参加された方もされていない方も、ぜひご覧になってください!今回も素晴らしい動画に仕上げられているので、この記事を見るよりもよっぽど当日の雰囲気が伝わるかと思います(笑)

閉会のあいさつをされた、第5回三田市三十路式実行委員の稲木将也さん。

「地元の友達同士と会う機会というも年々、減ってきてると思います。今日という30歳の新たな門出を機に改めて、地元とのつながりを大切にしていってください」

さいごに

三十路式のすべてのプログラムが終了した後に、実行委員の皆さんの集合写真を撮らせてもらいました。無事に三十路式をやり終えた充実感で、皆さんとってもいい表情をされていますね。1年間の準備を含め、本当にお疲れさまでした!

30歳ともなると、仕事でも重要なポストを任されるようになったり、結婚や出産などで生活が変化したりと、いろいろと大変な時期に差し掛かる年齢です。

そんな中でも毎年こうやって30歳が地元に集まるイベントが継続できているのは、今回の三十路式のテーマでもある「やっぱり三田が好き!」という、地元愛が強い人が多いからこそなんだろうなぁと、毎年取材をさせていただいて感じています。

来年の三十路式も、素敵な再会やつながりがたくさん生まれるイベントになることを、心から願っています!

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top